スマートフォン用の表示で見る

追分宿

地理

追分宿

おいわけしゅく

中山道六十九次?のうち江戸から数えて二十番目の宿場。現在の長野県北佐久郡軽井沢町追分にあたる。北国街道北陸道)との分岐点でもあり「追分」の名はこれに由来する。元禄時代には旅籠屋71軒、茶屋18軒、商店28軒を数え、飯盛女も最盛期には200〜270人もいたとされるほど栄えた。また、民謡に多く見られる追分節の発祥の地である。