天岩戸神社

地理

天岩戸神社

あまのいわとじんじゃ

宮崎県西臼杵郡高千穂町岩戸にある神社。旧社格は村社で、現在は神社本庁別表神社。岩戸川を挟んで東本宮と西本宮があり、西本宮は大日孁尊、東本宮は天照皇大神を祀っている。

神社の名称は西本宮が拝する天岩戸に由来する。古代から天岩戸御神体として信仰されてきたが、弘仁3年(812年)に大神惟基によって天磐戸神社(現在の西本宮)は再興された。その後、たびたび焼失したり荒廃したりしていた。昭和45年1970年)に氏神社(現在の東本宮)と合併した。ちなみに、東本宮はかつて天磐戸大神宮とも呼ばれていた。