スマートフォン用の表示で見る

湯川秀樹

サイエンス

湯川秀樹

ゆかわひでき

物理学者

京都一中(現・洛北高校)などを経て京都帝国大学卒。

原子核の中で、陽子と中性子を結び付ける「中間子」という粒子の実在を予言した。

中間子は後にアンダーソンらによって発見され、この功績が認められて1949年に日本人として初めてノーベル賞を受賞した。

* リスト::学者::自然科学

* リスト::物理関連