藤原仲麻呂

一般

藤原仲麻呂

ふじわらのなかまろ

藤原恵美押勝仲末呂慶雲3年(706年)〜天平宝字8年(764年)9月18日

藤原氏南家。父は藤原武智麻呂

養老律令』の施行*1恵美押勝の乱ほか、新羅征伐未遂で有名。

略史

平清盛の人生を400年前に送ったような人物である。。。

続日本紀』の聖武天皇以降の記述には作為が多いと見られるため、細部についてはよく分かっていない点も多い。今日では孝謙天皇傀儡であったと考えられているが、光明子(仁正皇太后)と仲麻呂のどちらが政権を主導していたかは意見が分かれる。

続きを読む

*1:あまりにも称徳天皇のイメージが強いため見逃されがち。。。