藤山一郎

音楽

藤山一郎

ふじやまいちろう

国民的歌手。(1911-1993)

慶応幼稚舎のころから音楽と親しんだことから歌手の道を志す。東京音楽学校(現・東京芸術大学)に入り、当初は、クラシック歌手になるため、勉学に励むが、家業が傾いたことから流行歌手の道に。

1931年に「酒は涙か溜息か」「丘を越えて」「影を慕いて」を歌い、ヒット。その後、古賀政男服部良一古関裕而と日本を代表する作曲家の作品を歌った。

中でも「青い山脈」は、1989年のNHKで放送された「昭和の歌・ベスト200」で1位を記録するなど多くの人に愛唱されたことで知られている。

後年には、テレビの音楽番組に欠かさず出演し、日本の音楽に大きく貢献した。

また、紅白歌合戦では、歌手だけではなく指揮者としても出演したことでも知られている。