スマートフォン用の表示で見る

特定外来生物

動植物

特定外来生物

とくていがいらいせいぶつ

特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律』により生態系、人の生命・身体、農林水産業へ被害を及ぼす恐れがある動植物の飼育・栽培等を規制するようになった。

カミツキガメなどのように見るからに危険なものもあるが、ブラックバスブルーギル等のように当たり前に見かけるようになったものも、いまさらながら指定された。また、オオキンケイギクボタンウキクサウォーターレタス)も飼育、栽培、保管及び運搬することが原則禁止となったので注意が必要だ。悪質とみなされる違反には罰則もある。