スマートフォン用の表示で見る

内房線

地理

内房線

うちぼうせん

JR東日本の路線(幹線)。

路線

蘇我安房鴨川間 119.4km

千葉市から房総半島の西岸(いわゆる「内房」)に沿って走り、半島先端部をわずかにショートカットした後、東岸の安房鴨川に至る路線。列車は主に千葉発で、千葉蘇我間は形式上は外房線に乗り入れている。

京葉線総武快速線横須賀線からの直通列車もあり、特に東京方面とを結ぶ特急列車はすべて京葉線経由で運転されている。

特急列車

稀に車両整備・点検などの関係で旧特急車両(183系)にて運転する場合がある。

年表

1912年3月28日 木更津線 蘇我姉ヶ崎間開業

1912年8月21日 姉ヶ崎木更津間開業

1915年1月15日 木更津上総湊間開業

1916年10月11日 上総湊浜金谷間開業

1917年8月1日 浜金谷安房勝山間開業

1918年8月10日 安房勝山那古船形間開業

1919年5月24日 那古船形安房北条(現・館山)間開業 木更津線を北条線に改称

1921年6月1日 安房北条南三原間開業

1922年12月20日 南三原−江見間開業

1924年7月25日 江見−太海間開業

1925年7月11日 太海安房鴨川間開業

1929年4月15日 北条線を房総線に統合

1933年4月1日 安房鴨川を境に房総線を房総東線・房総西線に分割

1968年7月13日 蘇我木更津間電化

1969年7月11日 木更津−千倉間電化

1971年7月1日 千倉−安房鴨川間電化

1972年7月15日 房総西線を内房線に改称 特急「さざなみ」運転開始

*1:土曜・休日運転