スマートフォン用の表示で見る

巴御前

一般

巴御前

ともえごぜん

平安末期の女性。

木曽義仲源義仲)の妾。

義仲の乳母の娘だったといい、義仲とは幼少時から共に過ごした。

戦場には義仲とともに出陣、よろいを身につけて馬上で敵と戦ったとされる。

義仲と共に最期を迎えようと願うが叶わず、その後の消息は定かではない。