反回神経

サイエンス

反回神経

はんかいしんけい

迷走(めいそう)神経のひとつ。脳から首のところで枝分かれして下の方へ行き、左側は大動脈弓を前から後ろに回り込んで上に向かい、右側は右鎖骨下動脈を前から後ろに回り込んで上に向かう。上方に向かった反回神経は、両方とも甲状腺の裏側を通って喉頭声帯を動かす筋肉に至る。 そのために「反回神経」と呼ばれる。首から一旦下方の胸部にまで行って、また上方の喉頭に行く長い経路を持っているので、首の病気や胸の病気で障害され麻痺を起こすことがある。