スマートフォン用の表示で見る

網膜症

サイエンス

網膜症

もうまくしょう

眼球の中にある、視神経の膜(網膜)が薄く、弱くなる病気。

網膜の前には硝子体というゼリー状の組織がある。これが加齢やなんらかの原因で収縮すると後部硝子体剥離という状態になり、飛蚊症(目の前に糸くずのようなものが見える)や光視症(暗いところでも光が走る)の原因になる。飛蚊症や光視症自体は放置していても構わない。

しかし網膜症で弱体化した網膜と硝子体が癒着した場合、網膜がひっぱられて裂け目ができる(網膜裂孔)。この状態を網膜剥離といい、放置しておくとついには失明に至る。

網膜剥離は自覚症状がでにくく、痛みも特にないため、網膜症と診断された場合、定期的な眼底検査や眼圧のチェックをすることが望ましい。