弱視

(サイエンス)
じゃくし

視覚障害の一形態。視力、視野や色覚が著しく弱く、眼鏡やコンタクト等で視力を矯正できない目の病気。
視力が弱いという広い意味でも使われる。
近年は"Low Vision"(ロービジョン・ローヴィジョン)という呼称も使われ、専門外来も増えてきた。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ