インスリン

インスリン

(サイエンス)
いんすりん

インスリンは、血液中のグルコース量(血糖値)を一定に保つ働きを持ったペプチドホルモンの一種。膵臓のランゲルハンス島のβ細胞から分泌される。
インスリンの分泌が不足したり、インスリン抵抗性が生じると、血糖値が高くなり糖尿病を引き起こす。一方で、インスリンはその分泌を減少させることで血糖値の低下も防いでいる。低血糖は生体に致命的な影響を与える症状であるため、身体はインスリンによる低血糖への防御策として、グルカゴンやカテコールアミンといったインスリン拮抗ホルモンを用意している。

インスリンの主な働き

  • 血液中のブドウ糖を筋肉や脂肪細胞などに送り込む
  • 肝臓や筋肉内でブドウ糖がグリコーゲンに合成される作用を促進する。
  • 肝臓からブドウ糖が血液中に放出されすぎないように抑制する。
  • 脂肪細胞でブドウ糖の利用を促進し、脂肪合成を高める。脂肪の分解を抑える。

ネットの話題: インスリン

人気

新着

新着ブログ: インスリン