スマートフォン用の表示で見る

LRT

地理

LRT

えるあーるてぃー

LRTとはLight Rail Transitの略であり路面電車を近代化した新しい交通システムである。

本来のLight Rail(ライトレール)は、より大量輸送力を持つ本格的な鉄道に対比させ、輸送力の小さな「軽量」な鉄道であるという意味である。

しかし日本の国土交通省では、「LRT(次世代型路面電車システム)」とかっこ書きをつけ、「低床式車両の活用や軌道・電停の改良による乗降の容易性、定時性、速達性、快適性などの面で優れた特徴を有する次世代の軌道系交通システム」との説明をしており、日本ではこのような解釈が一般的になされている。

現在LRTを導入している都市は、広島市広島電鉄)、岡山市岡山電気軌道)、長崎市長崎電気軌道)、熊本市熊本市交通局)、富山市富山ライトレール富山地方鉄道富山市内軌道線)、高岡市万葉線)などがあり、堺市など導入を検討している市がいくつかある。