くうざん本を見る このページをアンテナに追加 RSSフィード

著作権七十年反対 私はEDGE

2017-03-21

URLパーマなる*1

国文学研究資料館データベース電子資料館 http://www.nijl.ac.jp/pages/database/ )は、とてもありがたく利用していたが、不満の最たるものが、「このデータ」と示せないことだった。


「この典籍」「この論文」などと示せないのがもどかしかったのである。

論文場合だと、CiNiiに入ってなく、この国文研データのしか入ってない論文などを示したい時になどだ。

CiNii可能なように、「この論文」とURLで示したかったのだ*2

CiNiiBooksで可能なように、「この本」と……


それが、ようやく実現したようだ。

先週、

日本古典総合目録データベース http://base1.nijl.ac.jp/~tkoten/

を使っていて、「著作URL」というのが示されているのに気づいたのだ。

http://dbrec.nijl.ac.jp/KTG_W_1785

などという具合にである。

これは太田全斎の『漢呉音図』を示すものだ。

何時の間にこういうのが出来たのだろう、と思い、説明などを見て回ったが、その件についての説明は見当たらなかった。


で、さらに

書誌URLというのがあるのにも気づいた。

http://dbrec.nijl.ac.jp/KTG_B_2230888

これは、漢呉音図の大阪大学蔵本


阪大のには、全冊画像は無いけれど、

http://dbrec.nijl.ac.jp/KTG_B_100072363

愛知大本には、全冊画像が付いていて、分かりにくいが「全冊」のところをクリックすると見ることが出来る*3



著者URLもある。

http://dbrec.nijl.ac.jp/KTG_A_76108


これは、まさにデータベースデータベースデータ拠点といえる。


論文データベースにも同様のURLがある。

http://dbrec.nijl.ac.jp/RONBUN_01135486

ありがたい。大変ありがたい。

論文執筆者個別URLはないが、これはCiNiiでも大変そうなところで有り、まあ、よい。


近代書誌近代画像データベースも。

http://dbrec.nijl.ac.jp/BADB_OBAM-00117



そして、蔵書印データベース

http://base1.nijl.ac.jp/~collectors_seal/


こちらは、

レコードごとにパーマリンクPermalink:永続的リンクURL)を設定・表示しました。

と明記してあることが分かった。3月10日からであるらしい。

以前も、画像URLは示されていたが、印文や印主の情報などと一緒に示すことが簡単に出来るようになった。

http://dbrec.nijl.ac.jp/CSDB_7253

などという具合に。

ありがたい。

(印主ごとのURLは、まだないのですかね)


ともあれ、いろんな情報が、「これ」と示せるようになったのがありがたく、ようやく「開かれたDB」になった、ということが感じられて嬉しい。

*1:この題名は、「URL永遠なれ」http://d.hatena.ne.jp/kuzan/20120501/1335865981意識したものです

*2http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/keyword/ での記述時などに。

*3:全冊画像を見るための長めのURLはこれまでにも示されていたが、書誌情報抜きの画像のみだったのが、大変残念だったが、この度、書誌情報を示した上で、全冊画像を見ることが出来るようになったわけだ

2017-02-20

うわづら文庫ツイッター告知を始めてます

気まぐれなので、続くかどうか分かりませんが。

http://twitter.com/uwazura


twilogもあります。

http://twilog.org/uwazura

2017-01-19

パブリックドメイン 梅原真隆

https://app.box.com/s/lq8odslhdj1vhkahgsm6gabkta3e11f8


角川文庫

蓮如上人御一代記聞書

『教行信条』(一)

歎異抄

が手許にありましたが、歎異抄は新しい刷。他の二つはADFとの相性で全スキャンを断念して、一部の掲載です。

2017-01-18

パブリックドメイン 小泉信三

https://app.box.com/s/pf6y8si4eq9g1pa0ojir4rv65bucowad



福沢諭吉 人と書簡』のうち、大槻文彦言海』に関わる部分を抜いておきます。

また、『讀書随筆*1から、「伯林記憶」。



共産主義批判常識』は、新潮文庫パラフィン付きのものなので、大丈夫かと思ったけれども、残念ながら、昭和四四年の刷でした。まあ、今のADFの調子だと、難しかったでしょうけれど。

f:id:kuzan:20170118232357j:image


『師・友・書籍』とか、岩波新書の『読書論』『福沢諭吉』とか、持ってたように思うのですが見当たりません。

海軍主計大尉小泉信吉』は、新しいのしか持ってないでしょう。

岩波文庫の『古典の読み方』*2は、15頁ほどでもあり、出て来たら、手差しででもスキャンするつもりだったのに、これも行方不明です。ついこの間、みたように思うのですが。


古典の読み方、ありました。

https://app.box.com/s/5x7ac1wfi1kut5o4gxa4efpq3gvdtytu

2017-01-17

パブリックドメイン 亀井勝一郎

https://app.box.com/s/a9gtedjs5t1pq6fz5y0oqwk2jtt3r96s


読書に関する七つの意見』は、最後までスキャンしたかったのですが、うまく出来ませんでした。

青春新書に古いものがある、というのは忘れていましたが、何冊か出ていたのですね。


亀井勝一郎編『太宰治・愛と苦悩の手紙角川文庫

(目次・解説索引)を追加。


手許には、もっとありますが、新しい刷のものや、新しい版のものばかりです。

日本人精神史』とか、『私の美術遍歴』『愛の無常について』『恋愛論』『青春論』『美貌の皇后』などなど。


テキストを、一つだけ。

http://www62.atwiki.jp/kotozora/pages/85.html

最近書いたコメント