くうざん本を見る このページをアンテナに追加 RSSフィード

著作権七十年反対 私はEDGE

2016-01-02

江戸川乱歩二銭銅貨」と点字ビブリア古書堂

 江戸川乱歩著作権保護期間が切れ、青空文庫でも「二銭銅貨」が公開された。

http://www.aozora.gr.jp/cards/001779/card56647.html

底本は、光文社文庫版の全集第一巻。

底本の底本は1931年平凡社全集とのことだが、点字については、そのままではあるまい*1

点字部分については、後の修正が有るからである*2


青空文庫点字部分は、画像になっていて、直接表示させると次の通り。


うわづら文庫では、

http://d.hatena.ne.jp/kuzan/20151210/1449496873

にも書いたように、『別冊宝石』56(9-5 1956.6)掲載の、村上松次郎画(1962年歿)の入ったものを載せた。

https://app.box.com/s/rpj7xp5hylutlpn7h9zkl05jk5vimcwr

f:id:kuzan:20160101203818p:image

こちらがオリジナルに準じていると思われる、訂正前の形である。


この訂正は拗音の扱いが修正されたものである。乱歩が、当初、拗音を表記するのに、

イ段音の仮名点字 + 拗音符 + ヤの点字 = ●ャ

イ段音の仮名点字 + 拗音符 + ユの点字 = ●ュ

イ段音の仮名点字 + 拗音符 + ヨの点字 = ●ョ

としていたもの*3を、

拗音符 + ア段音の仮名点字 = ●ャ

拗音符 + ウ段音の仮名点字 = ●ュ

拗音符 + オ段音の仮名点字 = ●ョ

と、あるべき形に訂正したものである。


しかし、

○○
○●
○○
○●
●○
○●
●●
●○
○●
○○
○●
●●
○●
○○
○○
○●
●●
●○
○○
●●
○○
濁音符

と、チとヨとの間、シとヨとの間に線が入っているのはおかしいし、誤解を招く。

(清)拗音符*4 + ト = チョ

(清)拗音符 + ソ = ショ

であって、

○○
○●
○○
○●
●○
○●
●●
●○
○●
○○
○●
●●
○●
○○
○○
○●
●●
●○
○○
●●
○○
濁音符拗音符長音符
チョ

という具合でなければならないのである。


二銭銅貨」は、新潮文庫の『日本文学 百年の名作1夢見る部屋』(2014.9)

にも収録されている。

こちらは、

f:id:kuzan:20160101204425p:image

イ段音の仮名点字 + ヤ行音の仮名点字

という、新たな異文となっている。改訂後の形を校正する際に、点字対応表を理解しないまま見て、さかしらな修正をしたのではなかろうか。(旧式から拗音符を抜いた形だが、改訂方式からの修正と考えた方がよいだろう。)


二銭銅貨自身が、「按摩を呼んできて伝授にあずかった」と書いてあるぐらいだが、訂正する際には、点字の仕組みを分かった上でやってほいしものである。『百年の名作』だけではなく、この点字については誤りが目につく。大衆文学大系でも、「拗音符」とあるべきところを「濁音符」にしてる箇所があったりしました。


さて、wikipediaの「二銭銅貨」の項にも言及されるように、三上延ビブリア古書堂事件帖4」(isbn:4048914278)に、この拗音に関わる、乱歩点訳の誤りが取り上げられている。

以下、ネタバレを含みます。

続きを読む

*1光文社全集には校異が付してあったと思うが、残念ながら手許には第一巻がない。

*2wikipedia「二銭銅貨」の項にも言及がある。桃源社版(昭和36)からそうであるというが、それ以降のものが、みな訂正されたものというわけではない。
f:id:kuzan:20160101204426p:image
は、春陽文庫の『江戸川乱歩名作集7』(昭和37.3)の私が最初に読んだ昭和48.3の43刷。

*3:拗音符を、〈ヤユヨを拗音表記用に使う宣言〉ないし〈現代仮名遣いのようにヤユヨを小書にしたように発音する宣言〉と誤解したのであろう。

*4:「濁拗音符」もあるので、「(清)拗音符」と書いておく

2016-01-01

2015-12-31

[]来たるべきパブリックドメインデイに向けて14(最終回)・団体名義

団体名義の著作物は、公表後五十年で著作権が切れますから、1965年公表されたものが著作権切れとなります。

いろいろあるはずなのですが、取り敢えず、一つ。


出版年鑑編集部辞典・事典総合目録出版ニュース社 昭和40年12月5日 初版第1刷発行


1961年版もあるようなのですが、私の手許のものは、これが最古です。


さて、来年初頭に向けての、今回の「来たるべきパブリックドメインデイに向けて」は、今日最終回です。次回が二十一年後でなく、来年でありますように。

2015-12-30

[]来たるべきパブリックドメインデイに向けて13・学者

岩原諦信

http://id.ndl.go.jp/auth/ndlna/00023495

https://kotobank.jp/word/%E5%B2%A9%E5%8E%9F%E8%AB%A6%E4%BF%A1-1056904


声明研究』の他にも、何かあったと思うのですが、まだ見当たりません

近藤杢

http://id.ndl.go.jp/auth/ndlna/00035096


支那学芸大辞彙』は、紙質が、どうもADFに合わず中断。

支那辞書の梗概』を載せます。


山本謙吾

http://id.ndl.go.jp/auth/ndlna/00093263

世界言語概説』から、「満洲文語形態論」

2015-12-25

最近書いたコメント