Hatena::ブログ(Diary)

ウィモバの日々 Twitter

コンピュータ関係とかのことを書いたりするよv(≧∀≦)v

2017-01-19

WindowsMobile(10じゃないよ)を今使おうとすると

色々と整理していたらT-01AとIS02を見つけて、なんとなく懐かしくてWindowsMobileを久々に動かしてみた。

サイトに書いていたやつの大半は捨てちゃったけど、Sigmarion3リナザウとか、まだ何個かは手元に残してる。。。


ツイッターはつもりん神のおかげでAzureaだけはまともに更新されていて使えるけど

 他のクライアントは全部死んでる。まともにTL取得できない。

・OperaMobileもGoogleMapも、ビューワとしてはまだまだ使えるけど、

 ログインしてPCやスマフォの最新のお気に入りと同期することができなかった。不便だ。

NetFrontは相変わらず使用期限更新だけしてくれてるのはありがたいのだかなんだか^^;

・動画はTCPMPでニコニコサイズくらいの小さいサイズならナントカ見られるけど

 HD以上のサイズには対応していないから再生できなくてつらい。

・文字入力は、touchkeysipとgesture10keyのフリック入力で昔は便利に使えていたはずなんだけど

 Androidの入力に慣れちゃったせいで、レスポンスや入力キー幅の問題なんかで妙に文字が打ちにくくて苦戦した。


こんな感じで、今使おうとしても最近のスマフォに慣れているとつらそう。というかつらい。つらたん。

2017-01-04

週刊少年チャンピオンなど秋田書店の漫画雑誌のKindle版が99円!BOOK☆WALKERではなんと11円セール!

週刊少年チャンピオン等の秋田書店が発行している漫画雑誌電子書籍自体は

前から配信されていたんだけども、ここ数日知ったところKindle版がお安い価格なセールになっていた。

なんと99円!「実際安い」「お得」「裏がありそうでコワイ!」

  


しかも、最新号(1/4時点での最新は5+6号)はAmazonポイントがついたりつかなかったりするけど

直近の号は49ポイント付くので、実質的に50円で買えちゃう!?スゴイ!

  


それでも、以前は週チャンの電子書籍版は紙版からの発売日の遅延(翌週発売)が気になって躊躇していたけど

という公式アナウンスがあった通り、なんと今年からは毎週木曜日の紙版発売と同時に読める!読めるのだ!


本気・・・いやマジかよ・・・秋田書店が雑誌の電子配信に本気を出しやがった・・・!

これを気に電子書籍切り替えちまうってのもいいな・・・(ゴクリ

いつまで安売りしてるのかは調べても分からなかったんだけど^^;

まぁ一番理想的なのはジャンプ+みたく独自の使いやすいビューワやコンテンツのアプリ配信してくれたら一番なんだけどもねー。


※ただし、以前にも書いたようにドカベンは載っていないのでドカベンファンは注意な。



1/12追記。 

ということで、Kindle版を予約購入していたら1/12の0:00を回って少し経った頃にKindleに無事配信されてきた。発売日に読めてウレシイ!

なんと連載している漫画の1話も収録ということでデータが400MBを超えてて笑ったり昔との絵柄や作風のギャップに懐かしんだり。


と思っていたら、なんとBOOK☆WALKERのほうでは11円という格安価格での提供というとんでもない隠し玉セールを放り投げてきやがった!

こちらも週チャンだけじゃなく別冊チャンピオンやRED、ヤンチャンとかも対象なんだねー。

2/12までってことはあと1ヶ月分くらいは超おもしろ漫画雑誌を11円で提供してくるってことかぁ。えげつねぇな・・・

ということで、BOOK☆WALKERなら週チャンの最新号〜バックナンバー全巻(去年の47号くらいまで)を一気に購入しても週チャンの定価未満で買えちゃう!

https://bookwalker.jp/tag/1357/?acode=Xkc3Vwrx

これを気に皆もチャンピオン読もうぜ!

2017-01-02

あけましておめでとうございます

ということで2017年!あけましておめでとうございます。おめめ・・・おめめ・・・!

いつもこんな糞アフィブログを読んでくださって下さる皆さんにマジ感謝。

検索したらこんな外れサイトに辿りついちゃったぜ糞ファッキン!な皆さんにはマジすまんな、本当にすまん。


去年の後半は色々あって漫画も全然読めなかったり更新も出来なかったけど

色々あったけどしばらく休んだらスッカリ良くなったわ!(うろ覚え)的な感じで

今年はちゃんと更新出来たらいいなー・・・ #既に諦めモード

2016-11-30

ZenFone 3 ZE520KL(並行輸入品)を買ってみた。相変わらずコスパは高い

今年の2月に買って愛用していたZenFone2っ・・・!液晶っ・・・!大破っ・・・!/^o^\

ポケットから取り出したらつるっと手から滑ってそのまま床にガシャンとねorz

PDAの頃から10年以上こういう携帯端末を使い始めて、なにげに液晶を大破したのは初めてだなー、と謎の感慨。

まぁ元々ZenFone2は速いし大画面で大きく読めるのはよかったんだけど、重いから持ってて疲れるし

大きいから片手で操作しにくいし裏面が妙につるつるして滑りやすいしで微妙に使い心地が悪かったのでなー。

並行して使っていたNexus5(2013)のほうを結局メイン端末として使っていたくらいだし。

く、悔しくなんかないんだからねっ!///


ということで、新しいスマフォを買おうと思ったわけだけど、Nexus5xもそろそろ値段が下がってるかなーと

アマゾン等を見てみたら¥35K以上と、未だに以前の値段のままで値下がりしていなくてちょっと萎えちゃん。

そこで他の候補を探していたら、なんとASUSがZenFone 3というのを出しているじゃん!

CPUSnapdragon 625でディスプレイは5.2インチ、重さは144gと手頃なサイズと重さに改良!

日本版だと税込みで4万円〜になるが、並行輸入版だと1万円以上安く3万円〜と実際安い!

これは買うしかないじゃん!ということで、つい買っちゃった!

購入当時は3GB/32GBで¥30,380〜、4GB/64GBで¥35,800〜。自分の用途的には32GBで事足りるので約3万のほうをゲット!



  • ZenFone3が我が家にやってきた

ということで我が家にやってきたZenFone3。

ホワイトとゴールドとブラック(濃紺)があったけど、高級感のありそうなゴールドにしちゃった。

f:id:rideonshooting:20161118152945j:image:w640

なにやら高級感のある箱を御開帳するとっ・・・!

f:id:rideonshooting:20161118153349j:image:w360

ようこそっ・・・!英訳するとウェルカムっ・・・!

f:id:rideonshooting:20161118155237j:image:w640

5インチのNexus5(2013)との大きさ比較。5.2インチだからそこまで大きくないので片手でしっかり持てる。



  • SIM入れ替えと認識はスムーズ

ZenFone2の時は本体を傷つけながら苦労して裏蓋を開けてSIMを抜き差ししていたけど

ZenFone3は本体横に引き出し式のSIMトレーがあるので、SIMトレーを引き出してマイクロSIM/ナノSIMをぶち込めばOK。

なお、microSDカードもこのSIMトレーにぶち込む仕様の模様。

SIMを入れた後は[設定]→[モバイルネットワーク設定]→[アクセスポイント名]に行くと、楽天モバイルOCNモバイル

大抵のフリーSIMキャリアの設定が登録されているので、契約したキャリアの設定を選択したらすぐ通信可能になった。



恒例となっているAntutuベンチマークを導入してスコアを計測してみた。

インストールして実行しようとするとAndroid6.0のせいか電話等の権限を要求して来るので「許可」しよう。

f:id:rideonshooting:20161201002849j:image:w180

Snapdragon 625のZenFone3の総合スコアは62939と、ZenFone2のスコア49273より1万以上も上がっている。

4万ちょっとだったSnapdragon 800のNexus5(2013)からは1.5倍以上の向上。

なお、最新のフラグシップモデルだと余裕で10万超えだとか。うーんムーアの法則ェ。


というか、モバイルCPUの型番のつけ方がいまいち分かりにくいすぎる・・・

CPUのAntutu値をまとめてくださっている方のサイトがあったので興味のある方はどうぞ。

http://ninosan.hateblo.jp/entry/2016/06/03/214939



文字入力のIMEに関しては、ZenFone 3の日本版には優秀なATOKがついているが並行輸入版には入っていない。

代わりに独自の入力ソフトが入っているが、フリック入力が出来ない不便な代物なので

GooglePlayからフリーソフトの「Google日本語入力」や「OpenWnnフリック入力対応版」等をインストールすると

フリック入力が出来るようになる。個人的にはGoogle日本語入力でも十分使える感じ。



  • △指紋が付きやすい外装なので悲惨なことに・・・

使い勝手に関しては問題ないし、外装も滑りにくくなったのはいいんだ、いいんだけど・・・

指紋つきやすすぎィィィ!

ふと裏面を見てみたらめっちゃ指紋の跡がべたべたに残ってしまっていてなんかアレな感じに><;

まぁ使っている分には手で覆われるからそんなに目立たないかもしれないけど

ふとした瞬間に目にしてしまうとうっ・・・となってしまうね。なんか付けたほうがいいんだろうか。

2016-11-22

なろう小説のハーレム・チーレムでない作品一覧

ハーレム作品は http://d.hatena.ne.jp/rideonshooting/20160423/1461408602 で集めたんだけど

さすがになろう主が獣人奴隷やハーレム達とセックスする作品ばかり読んでると摩耗してくるのでな・・・

「ハーレムものばかり読んでちゃ胸やけしてしまって体に悪いぜ。間…間に非ハーレムものを読むんだ」

ということで、今度はチートな能力を持っててもハーレムを作らない作品の個人的メモ。

とはいっても、ハーレムの定義が曖昧なのでここでは

「主人公に好意を持つヒロインが複数いても、主人公が選ぶのは一人だけ」かつ

「主人公の周辺に男キャラがほとんどおらず大半が女キャラな作品は除く」という条件にする。

なので、女の子キャラが複数出る程度の作品は非ハーレムに含むとか含まないとか。


■異世界ファンタジー■

・辺境の老騎士◆完 http://ncode.syosetu.com/n5011bc/

個人的おすすめ度:★★★★★

個人的になろうの代表作の一つといえる、圧倒的完成度なハイファンタジー作品。

引退した老騎士が旅を通して様々な人たちとの出会いと別れを繰り返し、時に冒険を繰り広げる。

圧倒的な重厚さを感じさせる世界観で、人間の素晴らしさが描かれた味わい深い物語、そして旨そうな飯描写。


・灰と王国◆完 http://ncode.syosetu.com/n2383bc/

個人的おすすめ度:★★★★☆

希望の見えない世界で主人公の少年と家族、仲間たちが精いっぱい足掻いて逞しく生きていく。

ダーク寄りな世界観だが、丁寧で上質なハイファンタジー作品。


・無欲の聖女(旧題:無欲の聖女は金にときめく)◆完 http://ncode.syosetu.com/n3386db/

個人的おすすめ度:★★★★☆

孤児院で逞しく育った守銭奴の主人公が偶然貴族の女の子と中身が入れ替わってしまい

元に戻るまでその女の子として代わりに貴族の学校に行くことになるが、主人公が勘違いから行った言動

いちいち周囲に良い方向に勘違いされて、聖女扱いされて祭りあげられてしまう成り上がりコメディ。

金には汚いが月光姫よりはまともな主人公なので好感が持てるとか持てないとか。


・ティタン アッズワースの戦士隊◆完 http://ncode.syosetu.com/n9209cq/

個人的おすすめ度:★★★☆☆

かつて死にぞこなった主人公が再び死に場所を求めるために戦い、また侵略者達から国を守らんと戦う。

主人公周辺に不自然に女キャラが多いが、熱い男キャラ達も多いのでごあんしんだ。全体的に硬派な作りの作品。

誇り高き戦士達の血潮溢れる熱き戦いを括目せよ!


・三年目のイリス◆完 http://ncode.syosetu.com/n2690m/

個人的おすすめ度:★★★☆☆

後宮モノ。自分が不細工なのを自覚している女主人公が、将来の現実的な人生設計のために

何故か入れられてしまった後宮からなんとか逃げ出そうとするが・・・

「知らなかったのか…?王からは逃げられない…!!!」

ちょっと残念な人達の織りなす、時に心温まる恋愛コメディ。


・道果ての向こうの光◆完 http://ncode.syosetu.com/n0364cx/

個人的おすすめ度:★★★☆☆

普通の町娘の女の子が事故で死んだと思ったら、評判が悪い嫌われ者の聖女様に憑依してしまう。

聖女として取り巻く人々と交流したり、聖女の婚約者だった騎士と衝突したり協力し合いながら

聖女が恨まれることになった事件の真相を解き明かしたり、ときに恋愛ドラマを繰り広げる。


・スタイリッシュざまぁ◆完 http://ncode.syosetu.com/n4038cg/

個人的おすすめ度:★★★☆☆

家族から哀れな扱いを受けてきた少女が、壮大な復讐の計画を練り最終的にざまぁするに至る話。

ちょっとブラックなコメディ的で楽しめるが、その復讐は果たして何のためか?そこに救いはあるのか?と

コメディと言い切るには痛々しくもあり、なんとも難しいジャンルではある。


領主を継いだので好き勝手やってみた◆完 http://ncode.syosetu.com/n0159ck/

個人的おすすめ度:★★★☆☆

新しく領主になった主人公が、自分の都合のいいように好き勝手に内政をやろうとした結果

色んなモノが上手く行ってみんながハッピーになるほのぼのコメディ。優しい世界。

領主サイドと別サイドの視点による見え方の違いが面白い。


・勇者様のお師匠 http://ncode.syosetu.com/n4890bm/

個人的おすすめ度:★★★★☆

騎士を目指して努力しているが、魔力がないため正騎士になれず燻っている主人公の元に

幼馴染だった女の子が魔王を倒した勇者となって帰ってきたことで始まる・・・恋愛ストーリー?

面白いのだが、勇者ちゃんが魔王を倒した圧倒的な実力を持ち、かつ見目麗しい外見の美少女なため

罠に嵌めて孕ませて嫁にしようと企んだり、女勇者が敬愛する主人公を貶めようとする

クズな貴族社会や悪徳貴族達の陰謀に巻き込まれたりするのは読んでいてヘイトが貯まる。

また、主人公が勇者ちゃんとの格差を気にしてしまい主人公大好きアピールしている勇者ちゃんを

中々受け入れようとしないところがもどかしいラブコメ感。


・やる気なし英雄譚 http://ncode.syosetu.com/n5279bn/

個人的おすすめ度:★★☆☆☆

実は才能があるがやる気はない昼行燈系の主人公の元に王女がやって来て事件に巻き込まれたことから

隠していた実力を発揮して英雄として成り上がっていくファンタジー作品。

書籍も続いているので人気はあると思うのだが・・・個人的には主人公のドヤ顔が透けて見えてイマイチ。

昼行燈を被っていたはずなのに王女にわざわざ何度もぐう有能っぷりを見せつけたり

序盤の山場の戦争では、有能さ関係なく敵の新兵器無双を主人公のチート能力TUEEEで逆転勝利して

取り立てられるという、わざわざ主人公のためにお膳立てされていたような展開がちょっと受け付けずにギブ。

ただ、作品の評価は高いし面白い人には面白いんだろうとは思う。


■ファンタジー異世界に転移・転生■

ゴブリンの王国◆完 http://ncode.syosetu.com/n8034ba/

個人的おすすめ度:★★★★☆

ゴブリンに転生した主人公がゴブリン達を従えて人間や他種族達と戦い、時に交流しながら

成り上がっていきやがて世界を揺るがす大きな戦いの渦に巻き込まれる。

硬派な戦記ファンタジーもの。最後は思わず涙。


・夜伽の国の月光◆完 http://ncode.syosetu.com/n4138ck/

個人的おすすめ度:★★★★☆

異世界の貴族の娘としてTS転生したおっさんが好き勝手しようとした結果

周囲に良いように誤解されて祭りあげられてしまう成り上がりコメディ。

正直中身おっさんの思考は残念で気持ち悪いのだが、それに対しての字の文での突っ込みや

それがアウトプットされた結果の言動のギャップが癖になってくる。おっさんカワイイヤッター!


ペテン師は異世界で静かに暮らしたい◆完 http://ncode.syosetu.com/n7449cq/

個人的おすすめ度:★★★★☆

女神によって異世界にやって来た、平穏を望む元サラリーマンが生き延びるために色々とやらかしていく。

チート能力はなく、主人公が手八丁口八丁の交渉で色んなものを巻き込んで足掻いていく様が面白い。

全編シリアスで、ミステリー的手法が使われたり所々サスペンス仕立てであったりと一味違った作品。


魔王「勇者を倒すのだ、オークよ」でぶ「……え?」◆完 http://ncode.syosetu.com/n6486cu/

個人的おすすめ度:★★★★☆

魔王に間違って異世界に召喚された男子高校生が、手八丁口八丁で人のいい魔王様を丸め込んで

好き勝手しようとする(出来るとは言ってない)コメディ。虐められていたためか元々の性格か

クズい部分もありつつも、時にデレて男気を見せる部分もあったりでかわいい(?)。


・ノーライフ・ライフ◆完 http://ncode.syosetu.com/n8390n/

個人的おすすめ度:★★★☆☆

主人公が異世界に転生して第二の人生を送った、と思ったらサックリ死んだ。と思ったら始まる第三の人生。

その異世界での魔法の成り立ちや仕組みを科学、物理法則の元に解き明かそうとする意欲作。

ひたすら長い理論や理屈、化学式等の解説の話は複雑で正直理解は困難だが

本編のストーリーを追うだけでも楽しめる。運も才能も溢れるモテモテなチート転生者には草不可避。


ホームレス二人旅◆完 http://ncode.syosetu.com/n4202cj/

個人的おすすめ度:★★★☆☆

現代でホームレス生活を送っていたオッサン二人が異世界に迷い込んだり元の世界に戻ったりと行き来する。

異世界での生活や仕事の、生活臭が臭い立つような現実に重みを置いた描写が上手く世界観にのめり込める。

現地住人達と厳しくも楽しそうに異世界を旅する雰囲気はなんだかロードムービー的な眩しさを感じる。


・勇者のふくろの復讐劇〜巻き込まれ異世界召喚・復讐物〜◆完 http://ncode.syosetu.com/n0083ct/

個人的おすすめ度:★★★☆☆

主人公を召喚したクズ達へのざまあ系復讐モノ。短くサクッと読める。

復讐の仕方が捻っていて面白かったが、肝心の復讐に至る動機がちょっと弱かったのが残念。


・俺に世界を捧げよ!◆完 http://ncode.syosetu.com/n8033dd/

個人的おすすめ度:★★☆☆☆

世界の王族に転生したが、第一王子である兄の罠にかかり力を奪われたため、間接的に復讐してざまあする話。

冒険に出てからの旅は面白いといえば面白いのだが、主人公一行の冒険が順調すぎてピンチがなく

話に盛り上がりがないため、途中から少し退屈に感じた。


・アンコウ◈シリアス◈異世界トリップ http://ncode.syosetu.com/n4182bl/

個人的おすすめ度:★★★☆☆

シビアな異世界に転移した主人公が日々の暮らしのため迷宮に潜ったり潜らなかったり。チートがないため苦労人。

他人の思惑に巻き込まれたり、自業自得でやらかしてはよくひどい目に合う。

シリアスのはずが、内容はどうみてもコメディですありがとうございました。

主人公が自分だけは生き残ろうとたまに本当にクズい行動を取るが、爪の先ほどには優しさもあり

中盤からの打算も含んだ疑似親子関係がとても微笑ましい。


・その勇者、虚ろにつき http://ncode.syosetu.com/n7248z/

個人的おすすめ度:★★★☆☆

勇者として異世界に召喚されたのは猟奇的な殺人鬼だった・・・そんな勇者()が大暴れ。

えげつない大量殺人があったり、一部はアレをアレしちゃう衝撃の展開等

圧倒的な破壊力のインパクトがあったが、2部の途中からはダレて完成度が落ちる。

それでも全体的にダークな雰囲気は好みではある。全編シリアス。


・カボチャ頭のランタン

個人的おすすめ度:★★★☆☆

異世界転移した主人公がダンジョンに潜ったり現地ヒロインと恋愛したりする。

話はテンプレ気味だが、独特というか個性的で圧倒的な文章力の高さが素敵。


・タナカの異世界成り上がり

個人的おすすめ度:★★★☆☆

サラリーマン厨二病のおっさんが異世界転移に巻き込まれ、仲間達と冒険しながら成り上がる(?)

スペックはチートではあるが、自分の実力を勘違いしているコメディで、ヒロイン不在だが楽しめる。


■ゲーム的異世界■

・取り憑かれた公爵令嬢◆完 http://ncode.syosetu.com/n5708cr/

個人的おすすめ度:★★★★☆

主人公の悪徳令嬢に現代から転生?した女の子が取り付いて、二人三脚で成長するファンタジー学園もの。

美しい百合・・・じゃなくてユウジョウ!


・恋をしたら死ぬとか、つらたんです◆完

個人的おすすめ度:★★★☆☆

ゲーム世界に入り込む系。女主人公よく死ぬ。

てれん先生お得意のとてもひどい(ほめ言葉)コメディ。


■架空の歴史モノ■

明治蒸気幻想パンク・ノスタルヂア◆完 http://ncode.syosetu.com/n9728bl/

個人的おすすめ度:★★★☆☆

異能者が溢れる架空の明治時代を舞台にした群像劇

江戸から明治へと時代が移り行く際の動乱期というのか、明治特有のごちゃごちゃした空気感が楽しい。


■現代ベース■

・そこにカイロスはいるか?◆完 http://ncode.syosetu.com/n9037g/

個人的おすすめ度:★★★★☆

現代ベース。高校生の主人公が死んではループを繰り返して足掻くジュブナイル。青春を感じる。


名前のない怪物◆完 http://ncode.syosetu.com/n8809bk/

個人的おすすめ度:★★★★☆

現代ベースのホラー。


・竜と俺のカレー曜日◆完 http://ncode.syosetu.com/n1332bh/

個人的おすすめ度:★★☆☆☆

主人公が金に目を眩み、頼まれてドラゴンの卵を盗んじゃったことから子育てすることに。

短めでちょっと物足りないが、ほどよくサクサク読める。ほのぼのしていてカレー食べたい。


・そして少女は悪女の体を手に入れる http://ncode.syosetu.com/n5715cp/

個人的おすすめ度:★★★☆☆

生まれつき体が弱く、若くして亡くなった女の子が自殺を図った別の女の子(悪女)に転生。

悪女扱いで周囲からの評判が悪いのも気にせず元気に学園生活を送り、周りも感化されていくが・・・

現代学園もの。基本的には女主人公と友人達が青春しつつも、偶にサスペンス仕立て。

悪女と呼ばれた女の子が本当に悪女だったのか?悪女自殺した真相の謎等、少し物悲しい雰囲気。


eof