Hatena::ブログ(Diary)

烏有ブログ

2014-07-11

『高岡重蔵 活版習作集』の書評10

|  『高岡重蔵 活版習作集』の書評10を含むブックマーク  『高岡重蔵 活版習作集』の書評10のブックマークコメント

 イギリスThe Whittington Press(ウィッティントン・プレス)が発行している『Matrix 32』に、高岡重蔵さんと嘉瑞工房の紹介記事「Juzo Takaoka, Japanese Master-Craftsman」が8ページにわたって掲載されました。

f:id:uyushorin:20140624154927j:image

f:id:uyushorin:20140624154938j:image

 Whittington Pressは今も金属活字を使っている英国版・嘉瑞工房のような印刷会社で、『Matrix』はじめ様々な刊行物を出している出版元でもあります。このブログでも何度か名前が登場しました。(→烏有ブログ(2013/9/7)烏有ブログ(2013/10/10)

 記事を書いたのはイギリス在住の河野英一さん。先日紹介した『Forum 27』(→烏有ブログ(2014/5/31))に続き、Whittington PressのJohn Randle氏から執筆の依頼があったのだそうです。

 『Matrix』は全ページ活版刷りの年鑑で、タイポグラフィに関する様々な記事が掲載されています。

f:id:uyushorin:20140624154848j:image

f:id:uyushorin:20140624155103j:image

 こんな洒落た組版の作品も綴じ込まれています。

f:id:uyushorin:20140624160019j:image

 他にもたくさん、金属活字の印刷物に限らず、木活字を使った大判の刷り物や、木口木版の作品なんかも収録されていました。もうびっくりするぐらい、とてもぜいたくな本です。

 値段は90ポンド(約16,000円)と少し張りますが、この手間ひまのかけ方、仕上がりの美しさを考えれば、決して高くはないですよ。作り部数は650部程度らしいので、興味のある方は急いで問い合わせた方がいいかも。すぐに無くなっちゃうかもしれません。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/uyushorin/20140711

2014-07-07

東京国際ブックフェア&イハラ・ハートショップにて

|  東京国際ブックフェア&イハラ・ハートショップにてを含むブックマーク  東京国際ブックフェア&イハラ・ハートショップにてのブックマークコメント

 7月2日から5日まで、東京ビッグサイト東京国際ブックフェアが開かれました。

 会場には造本装幀コンクール・コーナーもあり、受賞作や応募作がたくさん展示されているなかに、日本印刷産業連合会会長賞をいただいた『高岡重蔵 活版習作集』も並んでいました。

f:id:uyushorin:20140707104734j:image

f:id:uyushorin:20140707104540j:image

 さまざまな工夫を凝らした作品のなかに、こんな普通の上製本を加えていただけたこと、とても嬉しく思います。きっと、中に収録した重蔵さんの作品が、それだけ素晴らしかったからでしょう。

 同コンクールの記念冊子から、審査員・西村寿弘氏の講評(ありがとうございます!)の一部を引いてみます。

印刷は活版原版刷りの付録を巻頭に配し、オフセット印刷による本文は、活版刷りされたオリジナルの風合いを再現するためFMスクリーニング(300線相当)を採用。製本も大判作品集の強度、耐久性を考慮し芯ボールにはツヤボールを使用するなど見えないところにもこだわる入念なつくりである。


 ところで、少し話はかわりますが、とても嬉しい出来事があったのでご報告を。

 和歌山県日高川町(旧美山村)にあるイハラ・ハートショップさんのブログで、『高岡重蔵 活版習作集』をご紹介いただきました。→イハラ・ハートショップの春夏秋冬 2014年7月3日。

 イハラ・ハートショップの井原万見子さんとは、以前ある本がきっかけで連絡をいただき、ときどきメールのやり取りをしています。

 今回もメールをいただき、さらになんと!『高岡重蔵 活版習作集』をお店に置いていただけることになりました。

 和歌山県内の書店さんに烏有本が並ぶのは、おそらく今回が初です。とうとう私の故郷にも烏有本が並ぶんだ、と思うと、感慨深いものが(涙)。

 イハラ・ハートショップさんのサイトで取り寄せネット注文も可能ですので、ぜひ皆さん、こちらからご注文下さい。初版はもう残りわずかです!


追記7/21

 イハラ・ハートショップさんから、本が並んだ棚の写真を送っていただきました。

f:id:uyushorin:20140721120808j:image

 お隣りにはグーテンベルクの絵本が!

f:id:uyushorin:20140721120806j:image

 グーテンベルクと重蔵さん、ぴったりなコンビですねー。

 この『グーテンベルクのふしぎな機械』(ジェイムズ・ランフォード、あすなろ書房)も、謎掛けで始まる楽しい絵本ですよね。登場するグーテンベルクが見慣れたヒゲ面じゃなくて、若くてカッコいいんでびっくりしますよ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/uyushorin/20140707

2014-07-01

第6回「本とのサロン」のご案内

|  第6回「本とのサロン」のご案内を含むブックマーク  第6回「本とのサロン」のご案内のブックマークコメント

 次回「本とのサロン」は7月17日(木曜日)午後7時から、場所は竹尾見本帖本店2Fです。(「本とのサロン」についてはこちら→烏有ブログ2012/12/8、「本とのサロン」始めます

 主宰の青木製本所(松岳社)青木英一さんの案内文を抜粋してみます。

今回のテーマは、【書籍製本や紙加工の話しをしよう】です。

日ごろ書籍製本や紙加工の分野で活躍されている専門家の人たちに集まってもらい、代表的な加工の話や問題点を話して頂こうと考えています。

常日頃、疑問に思っている製本に関しての事柄を出席者に質問、相談などお寄せ頂いても結構です。

 詳細はこちらで→「本とのサロン」ブログ

 みなさま、お気軽に、かつ奮ってご参加を!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/uyushorin/20140701

2014-06-26

竹尾賞授賞式&展示会&フェア

|  竹尾賞授賞式&展示会&フェアを含むブックマーク  竹尾賞授賞式&展示会&フェアのブックマークコメント

 一昨日、第10回竹尾賞の授賞式がありました。デザイン書籍部門・審査員特別賞に選ばれた『高岡重蔵 活版習作集』の著者、高岡重蔵さんももちろん出席。

f:id:uyushorin:20140624183130j:image

 受賞コメントで重蔵さんは、「本に収録したのは、サザエさんに出てくるカツオ君の答案用紙と一緒。見つからないよう机の引き出しの奥に隠しておいたもの」「これが私のすべて、他には何もない」なんて謙遜されていましたが、どうしてどうして、一冊に収め切れなかった物や言葉がまだまだあります。

 この本をつくっているとき、そろそろゲラも完成だな、なんて思いながら嘉瑞工房に行くたびに、「押し入れからこんなもんが出てきたよ」と、初めて見る刷り物が次々と。

 どれもが捨てがたい作品だったので、できるだけ追加はしたんですが、刊行日を動かせない事情があって「今回はこれぐらいで勘弁して下さい」とお願いして校了にしちゃったんですよね。


 神田錦町にある竹尾見本帖本店2Fでは、昨日(6月25日)から「第10回竹尾賞」展が始まりました。

 

f:id:uyushorin:20140625173402j:image

 第10回竹尾賞の受賞作は、

 デザイン書籍部門・優秀賞『インフォメーション 情報技術の人類史』(著者:ジェイムズ グリック、翻訳:楡井浩一、デザイン:水戸部功、発行:新潮社

 同部門・審査員特別賞『高岡重蔵 活版習作集』

 同部門・T賞『うかんむりのこども』(著者:吉田篤弘装幀・イラスト:クラフト・エヴィング商會吉田浩美吉田篤弘]、発行:新潮社

 デザイン評論部門・優秀賞『国立競技場の100年 明治神宮外苑から見る日本の近代スポーツ』(著者:後藤健生、発行:ミネルヴァ書房

 の全部で4冊。

f:id:uyushorin:20140625173431j:image

 重蔵さんの本はここです。

f:id:uyushorin:20140625173450j:image

 会場には、受賞作品はもとよりノミネート作品も並んでおり、第1回からの歴代受賞作も展示されています。


 また、この展示会にあわせて、神田神保町すずらん通りにある東京堂書店では「竹尾賞ワゴンフェア」が始まっています。

f:id:uyushorin:20140625182223j:image

 今回の受賞作4点に加え、竹尾ペーパーショウ関連書籍『SUBTLE──サトル|かすかな、ほんのわずかの』も販売されています。場所は店舗1F奥のエレベータ前。

 「第10回竹尾賞」展を見て、「この本読んでみたい」と思った方は、ぜひ東京堂書店さんにも足をお運び下さい。

2014-06-19

千代田図書館にて

|  千代田図書館にてを含むブックマーク  千代田図書館にてのブックマークコメント

 いちおうご報告です。

 千代田区千代田図書館が開催している神保町ツアーで、前座として少しお話をすることになりました。

 神保町ツアーは、千代田図書館が定期的に開いている街巡りイベントで、毎回テーマにそった話をゲストがしたあと、図書館コンシェルジュの方々が関連施設や場所を案内する、というものです。

 前々回は「珈琲古書」がテーマで、喫茶店と古書店を回ったりもしたとか。なんだか楽しそう。コーヒーと読書ってやっぱり鉄板ですよね。

 今回は「紙と印刷」がテーマで、たまたま千代田区に事務所がある烏有書林に依頼がきました。

 千代田図書館コンシェルジュについてはこちら→図書館コンシェルジュ

 今回のイベント関連はこちら→コンシェルジュツアー「紙のまち神保町」編を開催します!竹尾見本帖本店にて「第10回竹尾賞」展

 たいした話はできませんし、そろそろ定員もいっぱいみたいなんですが、ご興味のある方はどうぞご参加ください。(ただし私の知り合いはダメですよ。緊張しいで改まった場は苦手なので、何とぞ冷やかしはご勘弁を)


6/30追記

 千代田区読書振興センターの「ちよぴたブログ」で、当日の様子が紹介されました。→コンシェルジュツアー"紙のまち神保町"編を開催しました! なんだか、私が話した内容より上手くまとまってるような気がする……。

 ご参加いただいた皆さん、つたない話におつきあいいただき、本当にありがとうございました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/uyushorin/20140619