コモンマロウ

(動植物)
こもんまろう

薄紅葵・ウスベニアオイ
アオイ科ゼニアオイ属
:植物

・花をお茶にできる
生のままはもちろん、乾燥してもいいので1年中楽しめまる。花は次から次に咲くので、大量に収穫できる。



・花を食べられる
むしゃむしゃ食べておいしいわけではないけれど、サラダや料理の彩りに。青色ばかりになりがちなサラダに混ざると美しい。




・葉もたべていい
若い葉を食べる。サラダにするとちょっとゴワゴワ感があるけれど、茹でたり炒めて料理に使える。天ぷらは違和感無くいける。



・花も葉も薬効がある
喉が痛くて水を飲めないときも、マロウティーなら喉に柔らかくい当たるので飲める。マロウ茶でのうがいも効果あり。
小学館の「ハーブスパイス館」によると、
成分:花にアントシアニン系色素のマルビン、葉にタンニン、マルバリン酸、ステルクリン酸など
薬効:炎症保護、去痰、収斂、利尿、緩下、粘滑、刺激緩和



・種も青いうちなら食べられる
サラダに散らすなど、一応食べられる。



・栽培は本当に簡単
寒冷地でも冬越えするので、秋に枯れた根をのこしておけば、よく春にそこから大きいのが生えてくる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ