ソポクレス

(読書)
そぽくれす

ソフォクレスとも。 紀元前5世紀に活躍した、古代ギリシアの三大悲劇詩人(アイスキュロス、ソポクレス、エウリピデス)の一人。
ギリシア悲劇というジャンルを完成させた。
多くのヨーロッパ文学の源泉として、長く語り継がれている天才詩人である。

代表作

悲劇『オイディプス王』ギリシャ悲劇中の珠玉。西洋文学や心理学に多大な影響を与えている
悲劇『アンティゴネー』
悲劇『コロノスのオイディプス』

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ