ドーム兄弟

(アート)
どーむきょうだい

アール・ヌーヴォー ガレ、ドーム、ラリックの煌き (別冊太陽)  The Art of Glass: Art Nouveau to Art Deco
frères Daum
兄オーギュスト Auguste 1853ビッシュ - 1909ナンシー
弟アントナン Antonin 1864ビッシュ - 1930ナンシー

兄弟の父で公証人だったジャン・ドームが、ナンシー移住後に経営難だったガラス工場「ヴェルリ・ド・サント・カトリーヌ」を引き取ったことからドーム家はガラス制作に関わることとなる。ドーム家に経営が移ってからこの工場は「ヴェルリ・ド・ナンシー」と社名を変更。1879年から兄オーギュスト(法律家)が経営を担当する。
1887年に弟アントナンが入社し技術部門とデザイン部門を担当。工場ははじめ食器等を扱っていたが、1889年のパリ万博においてガレの作品に刺激を受け、1891年より高級ガラス製造に着手する。アントナンを中心として絵師や吹きガラス職人などが協力し、1900年にはパリ万博でグランプリを取るほどまでに成長した。ヴィトリフィカシオン、パート・ド・ヴェールなどの技術開発で抜きん出る。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ