ニールス・ボーア

(サイエンス)
にーるすぼーあ

Niels Henrik David Bohr (1885年〜1962年)


デンマークの物理学者。量子力学の生みの親というか育ての親*1。もともとは核物理学の人。トムソン*2やラザフォードの弟子。
ラザフォードの原子核モデルをさらに発展させ、プランクの量子仮説を取り込んだ形で完成させる。これにより1922年のノーベル物理学賞を受賞。
また、1920年にコペンハーゲン大学の理論物理学研究所の所長となり、ここは世界中から有望な若手科学者が集結、量子力学における一大拠点となった。

第二次世界大戦中はデンマークを脱出し、マンハッタン計画にも参加している。
戦後はデンマークに帰国し、原子力の平和利用運動などにも尽力した。

*1:ついでに言うと、1975年のノーベル物理学賞受賞者のオージェ・ボーアの父親でもある

*2:ケルヴィン卿じゃなくてJJの方

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ