マカロニ・ウェスタン

マカロニ・ウェスタン

(映画)
まかろにうぇすたん

spaghetti western
1960年代半ばから1970年代前半に作られたイタリア制作の西部劇。ドンパチ・アクションが中心でわかりやすさが特徴のアクション映画。大半のものはユーゴスラビア(当時)やスペインで撮影された。
セルジオ・レオーネセルジオ・コルブッチなどの監督を輩出。音楽ではエンニオ・モリコーネなどが有名になった。アメリカ合衆国ではテレビ俳優に過ぎなかった当時のクリント・イーストウッドもこの世界で名をなし、スターの仲間入りをした。

名前の由来

マカロニ」の名付け親は淀川長治。英語ではイタリアで製作された西部劇を『スパゲッティ・ウェスタン』と呼んでいたが、それを日本に輸入するとき、マカロニ・ウェスタンとして紹介した。

新着ブログ: マカロニ・ウェスタン