中島敦

(読書)
なかじまあつし

1909年、東京生まれ。小説家。格調高い漢文調の「山月記」「弟子」「李陵」等で知られる。
ほかにも南洋パラオ群島で島人たちの一見のんびりした生活を書いた連作、バビロニアが舞台の「文字禍」、西遊記に材をとった「悟浄出世」「悟浄嘆異」などがある。

1942年、死去。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ