京王百草園

(地理)
けいおうもぐさえん

東京都日野市百草にある、京王電鉄が運営する日本庭園。
享保年間に寿昌院殿慈覚元長尼が再建した松連寺の庭園であり、明治に入って同寺が廃寺になった後は地元の生糸商人が庭園を所有した。のち1957年(昭和32年)に京王帝都電鉄(当時)に移管されて現在に至っている。
春の梅、初夏の紫陽花、秋の紅葉など、四季折々の植物が楽しめる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ