仁和寺

(一般)
にんなじ

真言宗御室派大本山。
宇多天皇の御代、仁和四年(888年)に完成したことから仁和寺と名づけられた。
宇多天皇は退位後、法王としてこの寺に在位した。
以後、朝廷ゆかりの寺として歴代皇子が住職を継承する門跡寺となり、この伝統は明治初期まで続いた。

国宝

 高倉天皇宸輟消息

重要文化財

 愛染明王坐像
 色絵櫻珞文花生

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ