他力本願

(一般)
たりきほんがん

衆生を救済する、阿弥陀如来の本願。また衆生がその本願にすがることを指す。四字熟語
転じて、自分で努力せず、他人からの助けに期待することとして使われる。しかし浄土真宗はこの言葉がこの語義で普及していることを嘆いているらしい。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ