Hatena Blog Tags

信濃毎日新聞

(読書)
しなのまいにちしんぶん

長野県域をエリアとする有力地方紙。通称「信毎」。長野市松本市の2本社体制をとる。
1873年(明治6年)7月5日に創刊された「長野新報」に起源を持ち、1881年(明治14年)に現在の「信濃毎日新聞」の題号になる。
1888年(明治21年)に山路愛山を主筆に迎え、「社長といえども編集に容喙せず」という独自の社風を築き、後に風見章・桐生悠々などのジャーナリストを輩出する。
関連キーワード新聞社

○ 47NEWS参加紙

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

【連載「コンパス」第28回】「交錯する教育政策の目的─教師の仕事「魅力」と「魔力」」  教育政策には、時に(いや、常に)対立する多様な期待が込められ、学校も、事実として、人材選抜・配分機能、文化伝承機能、秩序維持機能、子どもの保護監督機能など、多様な機能を同時に発揮している。  政策の目的と手段は混同されやすく、手段の目的化が生じやすい。  問題を解決するための政策が、解決するはずの問題をより深刻化させてしまうことも近年散見される。 ------------------------------------

【連載「コンパス」第28回】「交錯する教育政策の目的─教師の仕事「魅力」と「魔力」」 教育政策には、時に(いや、常に)対立する多様な期待が込められ、学校も、事実として、人材選抜・配分機能、文化伝承機能、秩序維持機能、子どもの保護監督機能など、多様な機能を同時に発揮している。 政策の目的と手段は混同されやすく、手段の目的化が生じやすい。 問題を解決するための政策が、解決するはずの問題をより深刻化させてしまうことも近年散見される。-------------------------------------- 2023年8月5日付の『信濃毎日新聞』の「教育面」(コンパス)に、第28回目の連載原稿を寄稿…