加門七海

(読書)
かもんななみ

伝奇小説作家。
「人丸調伏令」で作家デビューした後、「平将門は神になれたか」でオカルト研究家としてもデビュー。伝奇作品、オカルト研究本を中心に発表した。現在も独自の風水伝奇世界で活躍中。割と見える人らしい。

東京魔方陣―首都に息づくハイテク風水の正体 (河出文庫)

東京魔方陣―首都に息づくハイテク風水の正体 (河出文庫)

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ