包摂

(一般)
ほうせつ

意味

ある観念の下に、包み摂り込むこと。

サブサンプション(subsumption)」

  1. ≪論理学≫特殊が一般に従属する関係。 Ex.「動物という概念は生物という概念に包摂される」
  2. 社会の仕組みによって、ある存在を摂り込むこと(服従させること)。

インクルージョン(inclusion)」:包含」の訳語として使う場合がある。

Ex.社会的包摂、包摂主義

「摂」に関する用語

摂理摂取摂食摂生摂政摂受摂動

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ