Hatena Blog Tags

北斗神拳

(マンガ)
ほくとしんけん

マンガ『北斗の拳』のモチーフとなる拳法の名。

リュウケンよりケンシロウに伝承された一子相伝の暗殺拳。その拳法の極意は708あると言われる「経絡秘孔」なる人体のツボを突くことで、内部より破壊・破裂をもたらす点にある。

古来よりの掟では一子相伝であるが、ラオウ、トキ、ジャギの兄弟子が生きていたために核戦争後の社会を大混乱に陥れる。なお、攻撃だけでなく医療にも使えるらしい。

続編『蒼天の拳』が現在連載中である。

主な必殺技

  • 北斗百裂拳‥‥主にザコを手あたり次第に撃ちまくり一挙に破壊しさる技。なお、トキが対ラオウ戦で披露した『天翔百裂拳』はこの北斗百裂拳の発展型と思われる。
  • 北斗残悔拳‥‥両親指で相手のこめかみにある頭維(四合)なる秘孔を突くと、指を抜いてから7秒後に頭から真っ二つに裂ける技
  • 北斗七死星点‥‥顔から胸にかけて北斗七星の形に経絡秘孔を突き肋骨を中心に破壊する技。デビルリバース戦で使用。
  • 北斗残悔積歩拳
  • 北斗柔破斬…高速の蹴りを叩き込み、敵の分厚い脂肪の壁を突き破る技。ハート様戦で使用。
  • 北斗壊骨拳
  • 北斗断骨筋‥‥あの名セリフ「あべしっ!」はこの技で生まれた。
  • 北斗千手壊拳
  • 北斗千手殺
  • 北斗八悶九断
  • 北斗羅漢撃
  • 北斗有情拳
  • 北斗神拳有情破顔拳
  • 北斗七死騎兵斬
  • 北斗神拳奥義七星点心
  • 北斗有情断迅拳
  • 北斗有情猛翔破
  • 北斗神拳奥義幻闇壊
  • 北斗神拳七点掌
  • 究極奥義・無想転生
  • 交首破顔拳
  • 岩山両斬波‥‥故・ジャイアント馬場のトレードマーク「脳天唐竹割り」(正式名称は「ババチョップ」ではない、注意されたい)の豪華版。
  • 天将奔烈
  • 七星抹殺‥‥北斗神拳には珍しい捨て身技。
  • 奥義・無想陰殺
  • 北斗仙気雷弾‥‥若い頃のリュウケンが、魔界に入りかけたジュウケイを助けるべく仕掛けた技。ジュウケイは死んでいないが、恐らく本来は必殺の技なのであろう。
  • 当門穴破指挿※

主な「場合によっては相手が死んじゃうかもしれない技」

  • 奥義・天破活殺
  • 北斗鋼裂把
  • 二指真空把‥‥飛んでくる矢などを指でつかまえ、相手にそのまま投げ返す(というか飛ばし返す)技
  • 北斗剛掌波‥‥ラオウの得意技。

主な「殺さない技」

  • 北斗剛筋分断脚
  • 北斗虚無指弾‥‥数日間の記憶をふっとばす。
  • 奥義・秘孔封じ
  • 奥義・醒鋭孔
  • 五指烈弾
  • 奥義・水影心‥‥一度戦った相手の技を自分のものとする奥義とされるが、戦うどころか見てもいないユダの技をケンシロウが習得していたのはなぜだろう(対シュウ戦で見せた技のことを指す。これはユダの技と思われるが、ユダの技を見る唯一の機会だったユダ対レイ戦のとき、ケンシロウは濁流開始直後に出掛け、戦いが終わってから帰ってきた)。
  • 北斗神拳空極流舞
  • 奥義・転龍呼吸法
  • 奥義・闘勁呼法
  • 北斗龍撃虎
  • 拳盗捨断
  • 雷暴神脚※
  • 奥義・秘孔変位※

主な「構え」

  • 秘奥義・天破の構え
  • 北斗天帰掌
  • 秘伝の聖極輪の構え

註:※で示したものは「蒼天の拳」からのエントリー。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

人間合格 装丁案 ノルウェイの森下巻 ナカノ・サル・ノブナガ やはり主と詩音とえりかに ――ああ、あの人は死んでしまいました。――イーヨー、太宰は本当に死んじゃったよ。残念だったねえ。 ブレット・イーストン・エリス「アメリカン・サイコ」明名書房刊――ヒーローを描け デレク・ハートフィールド「ベストセラー小説の書き方」――明日には、明日にはすべてが明らかになるだろう ドストエフスキー「ザ・ギャンブラー」――正々堂々とやろう ヘミングウェイ「老人と海」――私は、(中略)その一族、輝く明けの明星である 創主「ヨハネの黙示録」――強い者も弱い者もいない 遠藤周作「沈黙」――自由、新しい生活、死よりの復…

ベストセラーの謎 ――挨拶を忘れるフランス人じゃありません ルブラン「ルパン対ホームズ」 タロウ記 「中野太郎は知恵ある少年であった。浦河町、厚沢部町、松前町の小学校で、一番の成績を取り、末は博士になるであろうと言われた。だが松前中学校で三番になり、函館東高校で悲惨な成績を取るに従って、これはどうしたのであろうか、太郎は全知全能の神ではないかと思っていたが人間であり、サボっていると成績が落ちると知った。太郎は大学はようやく法政に受かったが入試の成績が良く奨学金をもらったが風俗に行ってしまった。風俗には千回も行ったが無駄だった。快楽のみが悟りではないと思った。高校に習ってろくに勉強をしなかった。…

経済的小説 中野うつけ太郎信長 ――ワザ、ワザ 太宰治「人間失格」 1 経済学の混乱 今日、経済学はひどい混乱に陥っている、特にミクロ経済学が全く現実無視で物理学やマクロ経済学のように理論と観察をきっちりやっておらず、理論にための理論しかやってないから、ほぼ使えない。まずミクロ経済学が中級テキストではお金儲けの話かと書かれていたが、ミクロ経済学はある種の一般教養としては役立つものの、ゲーム理論以外、金儲けには一切役に立たない。手っ取り早くお金儲けを学びたいなら、マルクス経済学のモデルと、経済学のモデルを参照にすることが大事で、これらは理論と観察を比較的まともにやっていただけあって、まあマルクス…

作家のなり方 ――あなた方はしなわれた世代です ヘミングウェイに 中野うつけ太郎信長 大学で恋をしなくてどこで恋をするの? とViVeの女子が言った。僕はどこだっていいじゃねえかよと吐き捨てたがったが、思い切り抱きついて女の子の胸で泣いてみた方がよかったかもしれない。万事につけこの調子であった。どうせこのリア充に見せかけた女子が裏でコミケに行こうが知ったことじゃなかった。ただ一つわかっていることは僕らは分かり合えないのだということははっきりしていた。その意味ではわかりあっていたのかもしれない。ただ思うのは僕は悲しいでもなく寂しいでもなく、早くこの三文芝居をやめて次の舞台を探していたということだ…