器官なき身体

(読書)
きかんなきからだ

Corps sans Organes
ドゥルーズ=ガタリ「アンチ・オイディプス」のキーターム。もともとはアントナン・アルトーからの流用。

身体は身体だ。それはただそれ自身であり、器官はいらない。身体は決して器官ではない。器官は身体の敵だ
(アントナン・アルトー「神の裁きと訣別するために」)

 関連:スラヴォイ・ジジェク「身体なき器官」

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ