峰岸徹

(一般)
みねぎしとおる

俳優
1943年7月17日 東京都中央区生まれ
1961年 渡辺プロ入り。翌年東宝と契約し、峰健二の芸名で「高校生と女教師・非情の青春」でデビュー。
1963年 東宝「六本木の夜・愛して愛して」初主演。
1964年俳優座養成所第16期生となる。同期に、古谷一行、河原崎建三、大出俊、鶴田忍、新井純、片山真由美、青山眉子、太地喜和子、須永慶、他。
1967年 文学座研究生となる。
1968年 大映と契約。峰岸隆之介の芸名で「講道館破門状」に主演。製作者協会新人賞を受賞。
1970年 文学座退団。
1975年 峰岸徹と改名。
50歳を過ぎてからトライアスロンに挑戦。2000年 宮古島トライアスロンに初参加。13時間55分17秒で完走。

1977年の「瞳の中の訪問者」以来、「廃市」「あした」など大林作品の常連。
米アカデミー賞外国語映画賞ノミネート作品「おくりびと(主演本木雅弘の父親役)」にも出演、舞台「隠れ菊」やドラマ「高校教師」(TBS)など名脇役として活躍した。
1986年に歌手・岡田有希子が自殺した際は「交際相手」として話題になる。

2008年11月 「その日のまえに」(大林宣彦監督)が遺作となる。

2008年10月11日 肺がんのため死去 。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ