急性骨髄性白血病

急性骨髄性白血病

(サイエンス)
きゅうせいこつずいはっけつびょう

概要

血液中および骨髄中に異常な数の幼若な(リンパ球以外の)白血球が検出される疾患で、急速に進行するもの。
白血病の一種で、骨髄系の造血細胞が腫瘍化し、分化・成熟能を失う疾患であり、(ICD-10: C92.0)なお、急性白血病が慢性化した疾患が慢性白血病ではない。この両群の発生機序は基本的に異なる。

症状

出血、発熱、貧血、動悸、息切れ など

治療

主に化学療法(寛解導入療法など)を行い、血中の白血球濃度を低下させることによって治療する。

関連

白血球白血病癌の化学療法


診療科:内科・血液内科

ネットの話題: 急性骨髄性白血病

人気

新着

新着ブログ: 急性骨髄性白血病