Hatena Blog Tags

所得倍増計画

(一般)
しょとくばいぞうけいかく

国民所得倍増計画のこと
1960年12月27日 池田勇人内閣の時に閣議決定
岸内閣時代の新長期経済計画よりさらに長期的展望のもとに、公共投資による民間経済成長と農村の近代化により農業人口を第2次産業人口に移転させることにより国民所得を10年間で倍増させるという内容。実施には4年間で所得倍増を成し遂げ、高度経済成長を実現させた。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

新しい資本主義⇒「所得倍増計画」は、いつでも実現できる。その答えは、天皇家に任命された資金者に申請するだけで問題解決します。

新しい資本主義⇒「所得倍増計画」は、いつでも実現できる。その答えは、天皇家に任命された資金者に申請するだけで問題解決します。 「所得倍増計画」何故できたか? それは、昭和の時代は、それを可能にした制度は、当時は、基幹産業育成資金の制度をつかったことである。 これが、答えです。 米国が日本に準備している平和活動資金から資金者経由で日本の条件を満たした経済人に資金を提供したのが、370件もおこなったことが日本経済を引き上げたと言えます。 この制度は、まだ30年近く残存期間があり、残っています。この制度をしっかり活用すれば、正直、今でも所得倍増計画は実現できます。 答えはそれだけです。 つまり、所得…

本気で令和の所得倍増計画を成功させる方法

本気で令和の所得倍増計画を成功させる方法 中小企業支援は、政府が率先して補助金を出す必要がありますが、企業育成資金を活用できる大企業には、補助金制度、公的資金の援助制度が必要ないと言えます。 東証プライムの資本金300億円以上、銀行、信用金庫の預金高3000億円以上の企業数は企業、金融機関を含めて、500社以内だと思われます。 もともと企業育成資金の仕組みは、米国からの基幹産業への援助、経済援助資金特別会計法という政府の特別会計の一つとして機能していました。しかし、これは、1968年で終了しています。 米国からの援助金を使って、大企業を支援する仕組みが政府がなくなったのですが、その後も、大企業…

令和の所得倍増計画を実現するには、まずは日本の経済の仕組み、平和維持活動と経済安定政策の基本を学ぶことです。

令和の所得倍増計画を実現するには、まずは日本の経済の仕組み、平和維持活動と経済安定政策の基本を学ぶことです。 企業育成資金の根本的な話をしていくと、最終的には、「守られる側の立場」=特権ということになります。 特権というのは、これは、日米安保における米軍が行う安全保障、平和維持活動における部分でそれを行う指揮官には、特権があると言えます。日本の司法が及ばない立場ということになります。逆に日本の司法が及ばない立場であり、同時に、米国海兵隊は、米国の士官の立場を守るということが任務であり、日本にも駐留しています。また、天皇家によって任命された資金者が行っている企業育成資金の仕組みは、「平和維持活動…