明応の政変

(一般)
めいおうのせいへん

明応二年(1493)、前管領細川政元によるクーデター事件。


将軍足利義材足利義稙)・管領畠山政長が河内の畠山基家討伐に出陣中、細川政元が日野富子の支持のもと足利義澄を新将軍に擁立。
従っていた諸大名が次々に離脱してしまい孤立した足利義材は降伏して幽閉され*1、畠山政長は自刃した。

*1:のち脱出。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ