松岡修造

(スポーツ)
まつおかしゅうぞう

絶対にあきらめないを信念にしている、元テニスプレイヤー。現在はスポーツキャスターなど幅広く活動している。
阪急電鉄創始者の小林一三は曽祖父。妻はアナウンサーの田口惠美子。
慶應義塾幼稚舎・慶應義塾中等部、慶應義塾高等学校を経て、当時の高校テニス日本一を誇る柳川高等学校へ編入。同校を中退後、渡米している。
バラエティにも活躍の場を広げる一方で、「ファブリーズ」CMでは熱血パパ役を熱演し、クールなママ役の平岩紙との対比が見どころにも。テレビ番組での彼の熱血シーンを編集したパロディ動画がYouTubeなどの動画サイトにも出回るようになり、IKZOブームにも通じるところがある。

略歴

  • 1967年11月6日東京都出身(バブル世代)。父親は東宝株式会社の社長である松岡功。
  • 1995年、ウィンブルドン男子シングルスで日本人として62年ぶりのベスト8進出を果たしている。
  • 1998年、プロツアーを卒業。テニス活性化プロジェクト「修造チャレンジ」を設立し、ジュニアの育成を始める。

「火の精霊」修造伝説

熱血漢として名高い松岡修造だが、そのアツさが異常気象をもたらしているという説がある。
少なくとも以下の様な実績が確認されているため、近年の地球温暖化の一因になっているのではないかとの見方も出ている。

実績

  • 2010年、バンクーバーオリンピックを現地で応援→バンクーバーは深刻な雪不足。一方日本では新潟など東日本日本海側を中心に記録的積雪。
  • 2014年、ソチオリンピックを現地で応援→ソチは深刻な雪不足。最高気温18℃を観測した日も。一方日本では関東で47年ぶりの大雪。この時が松岡修造が46歳であることから「火の精霊」の呼び声が高くなる。
    ソチオリンピック終了後、松岡修造が日本に帰国する頃日本は突如春の陽気に。一気に気温が上がったため関東甲信の一部などに雪崩注意報が発令される。

著書

松岡修造の人生を強く生きる83の言葉

松岡修造の人生を強く生きる83の言葉

生きる技術をみがく70のヒント 本気になればすべてが変わる

生きる技術をみがく70のヒント 本気になればすべてが変わる

ドントウォーリー! ビーハッピー!! 松岡修造の生き方コーチング

ドントウォーリー! ビーハッピー!! 松岡修造の生き方コーチング

* リスト::テニスプレイヤー

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ