歎異抄

(読書)
たんにしょう

親鸞の晩年の弟子唯円著とされる。親鸞の没後成立。
親鸞に宗教上の疑問を尋ね、その問答を忠実に記録し
親鸞本来の信仰のあり方を説こうとしたもの。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ