消費者物価指数

消費者物価指数

(社会)
しょうひしゃぶっかしすう

総務省が毎月発表する経済指数。
「全国消費者物価指数」、「CPI(Consumer Price Index)」とも呼ばれる。

「全国の世帯が購入する家計に係る財及びサービスの価格等を総合した物価の変動を時系列的に測定するもの。すなわち家計の消費構造を一定のものに固定し、これに要する費用が物価の変動によって、どう変化するかを指数値で示したもの。」

統計局ホームページ/消費者物価指数(CPI)


毎月の価格変動を小売り段階で測る指標であり、約600品目の商品等を対象に特定の銘柄を指定して調査される。
日銀の金融政策の判断材料にもなる経済指数である。

コアCPI・コアコアCPI

インフレ、デフレの傾向を見る時、生鮮食品の価格は天候等の条件によって大きく変化するため、生鮮食品を除いた指数「コアCPI」という指標が使用される。また、エネルギー価格の変動も激しくなり「コアCPI」に大きな影響を与えるため、食料及びエネルギーを除いた指数「コアコアCPI」が加わった。

関連ワード

リスト::経済関連


消費者物価指数年報〈平成16年〉

消費者物価指数年報〈平成16年〉

消費者物価指数マニュアル―理論と実践

消費者物価指数マニュアル―理論と実践

  • 作者: 国際労働機関,国際労働機構=,ILO=,国際通貨基金,IMF=,欧州委員会統計局,経済協力開発機構,OECD=,国際連合,国連=,UN=,日本統計協会
  • 出版社/メーカー: 日本統計協会
  • 発売日: 2005/03
  • メディア: 単行本
  • クリック: 62回
  • この商品を含むブログを見る

ネットの話題: 消費者物価指数

人気

新着

新着ブログ: 消費者物価指数