温室効果ガス

(サイエンス)
おんしつこうかがす

温室効果ガスとは

太陽からの熱が地表から輻射される際、地球の外に放出されるのを防ぐガス。
逆に言えば、この温室効果ガスによって再輻射され、地球が暖められて温暖化の引き金となる。
地球温暖化の悪者としての側面ばかりが強調されるが、これが適度な濃度で存在しないと地球は冷え込むことになる。
問題は、この温室効果ガスが吸収量の2倍も排出されていることにより、必要以上に濃度がどんどん上昇していることである。

ガスの種類。

水蒸気、二酸化炭素、メタン、フロンガスなど。
地球全体での水蒸気の循環はこの数十万年間ほぼ変動していない。
そのため、地球温暖化に対する貢献度は大気中の濃度がほかと比べて高い二酸化炭素が一番高いとされている。

温室効果ガスの分布状態

JAXAが08年から「温室効果ガス観測技術衛星(GOSAT)」を打ち上げて、世界的分布状況を観測し始める予定。

展望

これらガスの濃度が上がりすぎると、危険な気候変動に突入してしまうとされ、早期削減が急務となっている。
対策の方法は「環境税(炭素税)」「排出権取引」などの方法や、省エネやエネルギー効率の改善などの「低炭素社会への取り組み」など様々である。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ