神戸港

(地理)
こうべこう

日本最大のコンテナ貨物の取扱港。


「務古水門」「大輪田の泊」と呼ばれ古くから国際貿易拠点として栄える。
1868年(慶応3年)兵庫港開港。 1995年(平成7年)阪神大震災で被害を受けるが2年で復旧。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ