神栖市

神栖市

(地理)
かみすし

茨城県南東部の市。
2005年8月1日、鹿島郡神栖町が波崎町を編入合併し、市制を施行した。
東京から約100km圏に位置する。太平洋(鹿島灘)と利根川に挟まれた南北に長い市域を有し、北部では鹿嶋市潮来市に隣接。利根川の対岸は千葉県香取市銚子市など)である。北部(旧神栖町域)では北に隣接する鹿嶋市とともに大規模な鹿島港を形成しており、周辺は工業団地と港湾地区となっている。
市内を南北に貫く幹線道路 国道124号線 沿い*1には、ホテル・役場・商業施設などが集まって街を形成している。

全国地方公共団体コード市町村コード
08232-5

交通

    • 国道124号線
  • バス
    • 市中心部にある「鹿島セントラルホテル」前から、東京方面の高速バスが頻繁に出ている。

スポーツ

*1:鹿嶋市と隣接する辺りから神栖市役所のあたりの間の道路沿い

ネットの話題: 神栖市

人気

新着

新着ブログ: 神栖市