福嶋亮大

(一般)
ふくしまりょうた

福嶋亮大(ふくしま・りょうた):批評家、中国文学者

1981年 京都市生まれ
1996年 京都府立西城陽高校入学(〜99年)
1999年 京都大学文学部入学(〜03年)
2003年 同文学研究科文献文化学専攻修士課程入学(中国語学中国文学研究室)
2004年 哲学者の東浩紀氏が主宰するメールマガジン『波状言論』にて批評家デビュー
2005年〜 同研究科博士後期課程入学(同研究室)
2008年〜 日本学術振興会特別研究員(DC2)

主な論文:
(2004)「自然・批評・祈り――舞城王太郎について」『波状言論』16・18号
(2006)「ロマンスの脱構築――茅盾『子夜』論」『中国:社会と文化』第21号
(2008)「構造を擬態する――西尾維新論」限界小説研究会編『探偵小説のクリティカル・ターン』(南雲堂)所収
(2008)「チャイニーズ・イノセンス――郭敬明現象が語るもの」『ユリイカ』3月号
(2008)「快楽装置としての身体――バルト/ウエルベック」『早稲田文学1』
(2008)「物語の見る夢――華文世界の文化資本」『思想地図』vol.1

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ