臨済

(一般)
りんざい

中国唐代末期の禅僧。諱は義玄。
曹州南華(現在の山東省)出身。生年不明。866年没。(867年とも)
黄檗希運に師事し、その禅風を受け嗣いだ。

臨済録

『臨済録』は臨済義玄の言行録であり、弟子の三聖慧然が編集し、興化存奨が校訂したとされる。

臨済宗

中国禅宗五家七宗の一。臨済義玄を開祖とする。宋代に栄えた。

日本臨済宗

鎌倉期に日本に広まった禅宗の一。栄西を開祖とする。
栄西は2度入宋して黄竜派7世虚庵懐敞の元で臨済禅を学んだ後、帰国して禅宗の定着に努めた。また、鎌倉幕府の帰依を受けたことから、日本臨済宗は武士階級に普及していった。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ