藤沢宿

(地理)
ふじさわしゅく

藤沢宿は、江戸時代の東海道にあった宿場(東海道五十三次)の第六宿で、東海道五十三次整備以前から遊行寺の門前町として栄え、後北条時代は小田原城と支城の江戸城、八王子城をつなぐ小田原街道の分岐点だった。
現在の神奈川県藤沢市にある。

>> 東海道五十三次 <<

日本橋〉…戸塚宿←「[[藤沢宿]]」→平塚宿…〈三条大橋

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ