陳羣

(社会)
ちんぐん

中国後漢から三国時代の人物(? - 236年)。豫州頴川郡許昌の人。陳寔の孫。陳紀の子。陳褜の甥。陳泰の父。妻は荀彧の娘。

若年のころから孔融に認められるなど、郷里で名声を博した。戦乱が勃発すると劉備呂布を頼っていたことがあるが、やがて曹操に仕え、人物鑑の鋭さで頭角をあらわし、魏国が成立するころにはれっきとした曹操の重臣の一人にまでなった。

曹操の子の曹丕が太子になると、司馬懿呉質朱鑠とともにその学友となり、曹丕が曹操の跡を継ぐと、九品官人法を提案するなど政治について重要な提言を行った。皇帝に即位した曹丕(文帝)が敵対した呉(孫呉)の孫権を討伐するため遠征の軍を起こすと、それに随行し参謀となった。

文帝の死後、曹叡(明帝)が即位すると、曹休曹真、司馬懿と共にその後見役となった。明帝期には三公の一である司空を長く務め、宰相
的な立場にあった。出征の抑制や宮殿造営事業の軽減など数多くの提言を行ったが、存命中はそのことを表沙汰にすることはなかったため、死後にその事実が判明して初めて賞賛を受けることになった。

リスト::三国志関連

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ