首里城

(地理)
しゅりじょう

沖縄県那覇市首里にある城。世界文化遺産*1
廃藩置県まで琉球王国の王府として用いられた。
築城は察度により1392年頃とされているが、諸説あり定かではない。
現在の正殿および周辺の建築物、石垣の多くは復元(正殿は1992年)されたものである。

*1:「琉球のグスク及び関連遺産群」のひとつとして世界文化遺産に登録されているのは遺跡としての「首里城跡(しゅりじょうあと)」である。そのため、厳密には「首里城が世界遺産」とはいえない

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ