宮本大人のミヤモメモ このページをアンテナに追加

9999-12-31

江口寿史 KING OF POP Side B』刊行されました! 21:27 『江口寿史 KING OF POP Side B』刊行されました!を含むブックマーク

 2015年10月から16年2月にかけて明治大学米沢嘉博記念図書館で開かれた「江口寿史展 KING OF POP Side B」(写真撮影フリーだった展示の感想ツイートのまとめはこちら。 http://togetter.com/li/886025 )を書籍化した『江口寿史 KING OF POP Side B』が、10月25日、青土社から発売になりました!

江口寿史 KING OF POP Side B

江口寿史 KING OF POP Side B

 展示のキュレーションをさせてもらった私が、そのまま編者をさせていただいて、コンパクトな展示空間に頭おかしいんじゃないかってくらいギチギチに詰め込んだ高密度展示を、その高密度感のまま、A5判144ページのコンパクトな本の中に再現した本になっております。

小・中学時代の落書きノート、デビュー当時のマンガから「パイレーツ」「ひばりくん」などの貴重な原画に加え、初出誌や関連資料を多く用いて、それぞれの仕事が置かれた時代の文脈を明らかにする。マンガ家・江口寿史の軌跡をたどる、ファン必読の一冊。


【目次】

第1章 それは『ジャンプ』からはじまった

第2章 ひばりくんと白いワニ

第3章 時代の気分を<編集>する

第4章 This is Rock! 音楽と江口寿史

おまけ 江口寿史による江口寿史年代記

 とんぼの本シリーズやふくろうの本シリーズのように、この種のコンパクトなオールカラーのビジュアル本はたくさん先例がありますが、この高密度ぶりはちょっと見たことがないのではと思います。

 私が全ページ、インデザインで、各ページにどの図版とどの解説テキストがそれぞれどういう大きさ・位置で入るかレイアウトしたものをもとに、デザイナーの川名潤さんが、「こ、これがデザイナーの…力…っ!」と驚かされる仕事ぶりで、これぞまさに「ポップ」というべき本に仕上げてくれました。

 表紙は江口さんが、この本の内容にふさわしいイラストって結局どんなんだ…?っていう難問に、「3頭身じゃない先ちゃん」という見事な解答を出してくださいました。そう、全部この人が生み出してきたものなんです。

 まえがきで江口さんも書かれてるんですが、「パイレーツ」や「ひばりくん」直撃世代は「その後」の仕事をフォローできていないことが多く、また逆に近年のイラスト仕事で江口さんを知った若い世代はマンガ家江口寿史のすごさを知らないという状況がある中、デビュー前から今日に至る、江口さんの仕事の歩みをたどることのできるガイドブックになっているのではないかと思います。

 基本的には仕事を歴史順にたどっているのですが、4章は音楽との関わりという切り口で江口さんの仕事を通覧しなおすということをしていて、江口さんのディープなファンのみなさんにも楽しんでいただけるのではないかと思っています。

 去年出た画集と今年の初めに出たユリイカの総特集江口寿史と合わせて読んで・見て・いただければ、江口寿史の仕事の広がりとその意味が、ほぼ見渡せると思います。


 刊行を記念してたくさんのサイン会、そして私も登壇するトークイベントなどが用意されています。

 青土社のサイトにイベント情報のまとめページがありますので、そちらをチェックしていただければと思います。


http://www.seidosha.co.jp/topics/index.php?id=52&year=2016


 また、アマゾンで買いたくないよーという方は青土社のサイトから各ネット書店へのリンクがまとめられています。


http://www.seidosha.co.jp/book/index.php?id=2979


 担当編集者の(F)さんは、微に入り細にわたる校閲作業を粘り強く行うと同時に、江口さんの原稿を待つという高難度なタスク(笑)をこなしてくださいましたし、デザイナーの川名さんは上でも触れたように煩雑極まる作業を見事に遂行してくださいました。そして江口さんは、私の作業に一切口出しせず、素晴らしい表紙と(編者にとっては)感動的なまえがきをくださいました。


 …てことは、これでこの本売れなかったら完全に俺の責任じゃん…!ってこないだ気付いて膝ガクガクしたんですが、今はもう俎板の上の鯉の心境で、みなさんのご感想を待つばかりです。とりあえず、手に取ってぱらぱら見てもらえればありがたいです!

 よろしくお願いします!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hrhtm1970/99991231

2018-06-16

学校公開からのポケGOコミュニティデイ 22:59 学校公開からのポケGOコミュニティデイを含むブックマーク

 今日は次男三男の小学校の学校公開日。

 各学期1回、金・土の二日間いつでもどの授業でも見に来ていいってことになってます。自分が小学生のころは、平日の特定の時限だけが参観日として公開されてましたが、両親の就業形態の多様化に対応して可能な限り参加しやすくしてくれてます。

 とはいえ、ミヤモトの勤務先は金曜が会議日、土曜も何らかの行事が入ることが多くて、結局年に1回くらいしか行けないので、今日はその貴重な機会でした。

 小2の三男の英語と、小6の次男の習熟度別にクラス分けされた算数の授業を、オクサンと一緒に見てきました。

 英語はネイティブスピーカーのフィリピン人の若い女性の先生がメインで、クラス担任の先生がサポートする形でしたが、歌やゲームを利用した楽しい授業で、教え方洗練されてんなー、小2からこんな授業受けられてたら英語コンプレックスに悩まされる子減るよなー、って思いました。

 習熟度別クラスの算数は分数の割り算だったんですけど、こちらも自分の時より分かりやすく洗練された教え方でいいなと思いました。あと、先生が細いフレームのメガネの、ある種の典型的なクールな理系って感じの先生だったんですが、時々しれっとちょっと面白いことを言うのがよかったです(笑)。

 「1時間45分」って答えるべきところ「1時45分」って書いてる子に、「1時45分って、それただの昼下がりだから」とかちょっとだけ笑いながら言ったりするんですよね。夜風呂入ってるときに次男に聞くと、「うん、いつもちょっと面白いこと言う」って言ってたんで、そういう先生いいなって思いました。

 前も書いたかと思うんですが、我々世代(ミヤモトは1970年生まれです)の小学校とは、学校空間の使い方から授業のやり方、課外活動のあり方等、相当違っていて、少なくとも自分が自分の息子たちのそれを見る限り、総じて格段に良くなっているので、何かにつけて学校批判したがる世論の担い手のみなさんは、どれくらい現状把握した上で言ってんのかな?って思ってます。


 で、授業は午前で終了、給食の後13時半ごろ帰宅、だったんですが、今日は12時から15時までポケモンGOの毎月恒例コミュニティデイ。しかも特にみんなが欲しがるヨーギラスの大量発生ってことだったので、帰宅した三男と井の頭公園へ行ってきました(次男は最近若干ポケGOに醒め気味なので、家で本読んどくわー、と)。

 ウチにとっては幸いなことに、通信障害があったため時間が17時まで延長になったので、いつもと同じ程度には捕まえることができて、色違いも3匹捕れたので、三男ほくほくでした。

 夕食は、明日休めないので、今日父の日先行実施ということで、おとうちゃんと三男が大好きなしゃぶしゃぶ食べ放題ファミレスへみなさんにお付き合いいただいて行ってきました。

 たらふく食べられて幸せでございました。ありがとうございました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hrhtm1970/20180616

2018-06-10

48歳になりました 21:52 48歳になりましたを含むブックマーク

 おかげさまで干支4周しました。

 36歳からの12年のスピード感、あるいは24歳からの24年のスピード感で、次の12年、24年も過ぎるとしたら、瞬く間に還暦、そして72歳…もうあれよあれよという間に死んじゃうじゃん!って恐れおののいています。

 研究を…研究をどうにかしたい。このまま研究以外の仕事で仕事人生終わりたくない。そう思ってこの2年ほど年に2,3本ずつ博論の一部分になる論文を公表してきてます。びっくりするくらい反響がなくて心折れそうですが(笑)、めげずに頑張っていきたいと思います。自分だって人の論文に対する反応をそんなにビビッドにはしてないのでお互い様だなと。


f:id:hrhtm1970:20180610002422j:image


 毎年こどもたちはカードをくれてたんですけど、今年は玄関の飾りつけにしてくれました。次男が発案して三男がノリノリで、オクサンがフォローしてくれたようです。長男は、まあ、高1なんで(笑)。昨夜0時過ぎに帰ったらこれがあったので、うれしかったです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hrhtm1970/20180610

2018-06-03

パンダコパンダを見そびれる日曜日 21:31 パンダコパンダを見そびれる日曜日を含むブックマーク

 今阿佐ヶ谷のミニシアターで「パンダコパンダ」と「パンダコパンダ 雨ふりサーカス」のデジタルリマスター版を1日1回ずつ上映してまして。春に全国のイオンシネマでもやってたんですけどその時見そびれてたんで、パンコパ大好きな次男三男とオクサンと4人で観に行こうと。

 13時からの上映なので、12時前くらいに着くように行ってチケット買ってからお昼ご飯食べて…って思ってたんですが、甘かったです。12時前に着いたときにはチケットは完売。げげーん。

 遅れて合流する予定だったオクサンにラインして、次男三男と阿佐ヶ谷のマックでお昼食べて、三男と父ちゃんは阿佐ヶ谷でポケGO、次男は家で本読みたいからと帰宅。

 ポケGOは今アドベンチャーウィークっていうイベント中で、初めて行くポケストップを回すとXPが2100ももらえるという、やってない人には何がすごいんだかわからないすごい特典があるので、普段来ない阿佐ヶ谷でポケスト回しまくって、レイドバトルも効率よく二回やれたのでよかったです。で、暑かったからちょっと早めのおやつを、もともとみんなで行くつもりだったジェラート屋さんで食べて、次男と長男とオクサンの分も買って帰って(ってオクサンに言われたからであって自分が気を利かせられたわけではありません)、ていう一日になりました。


 三男は割と存分にポケGOできたので満足っぽかったですけど、映画をめちゃ楽しみにしてた次男にはほんと申し訳なかったです。昨日劇場に電話して状況を聞いて何時ごろから並べばいいか把握しておくべきでした。イオンで一通り上映された後だから阿佐ヶ谷にそんなに詰めかけるかなって思っちゃったのが甘かったです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hrhtm1970/20180603

2018-05-26

六本木アートナイト 22:56 六本木アートナイトを含むブックマーク

【27日に書いています】

 なにげに子供と行ったことなくて、今まで秋にやってたのが、今年は5月に時期が変わって出かけやすい気候だし、と思って次男三男と、ちょうど遊びに来てくれてて興味あるって言ってくれたお義母さんとで出かけてきました。オクサンと長男は夕ご飯前に合流しました。

 何年か前にゼミ生と行った時は、もうちょっと子供も楽しめるインタラクティブなやつがミッドタウンや新美術館に多かったんですが、今年は割と子供には難しいコンセプチュアルなものが多い&そもそも展示が微妙に少ない?印象でした。ま、何年も行けてなかったので、いつからこうなのかとかは、よくわからないです。

 ともあれ、昼過ぎに着くくらいに行ったので、ミッドタウン行って、新美術館行って、ヒルズ行って、ちょっとポケGOして、おやつ食べて、テレ朝の(別にアートナイト関係ない)一般公開ゾーン行ってって、やってたら普通に楽しく夕方まで過ごせて、18時からのキックオフイベントも割と見やすい場所で(ずっと立ち見で小一時間だったから疲れたけど、あと冒頭15分以上偉い人たちのあいさつが続いたのは閉口しましたが)見られて、ごちそう食べて、毛利庭園がインスタ映えゾーンになってるの見て、普段よりだいぶ遅めの帰宅になりました。三男が、たいくつーって言い出すのではっていう心配もしてたんですが、楽しめたようで何よりでした。

f:id:hrhtm1970:20180526141606j:image

f:id:hrhtm1970:20180526162708j:image

f:id:hrhtm1970:20180526181816j:image

f:id:hrhtm1970:20180526205711j:image

f:id:hrhtm1970:20180526205805j:image

f:id:hrhtm1970:20180526205912j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hrhtm1970/20180526