宮本大人のミヤモメモ このページをアンテナに追加

9999-12-31

江口寿史 KING OF POP Side B』刊行されました! 21:27 『江口寿史 KING OF POP Side B』刊行されました!を含むブックマーク

 2015年10月から16年2月にかけて明治大学米沢嘉博記念図書館で開かれた「江口寿史展 KING OF POP Side B」(写真撮影フリーだった展示の感想ツイートのまとめはこちら。 http://togetter.com/li/886025 )を書籍化した『江口寿史 KING OF POP Side B』が、10月25日、青土社から発売になりました!

江口寿史 KING OF POP Side B

江口寿史 KING OF POP Side B

 展示のキュレーションをさせてもらった私が、そのまま編者をさせていただいて、コンパクトな展示空間に頭おかしいんじゃないかってくらいギチギチに詰め込んだ高密度展示を、その高密度感のまま、A5判144ページのコンパクトな本の中に再現した本になっております。

小・中学時代の落書きノート、デビュー当時のマンガから「パイレーツ」「ひばりくん」などの貴重な原画に加え、初出誌や関連資料を多く用いて、それぞれの仕事が置かれた時代の文脈を明らかにする。マンガ家・江口寿史の軌跡をたどる、ファン必読の一冊。


【目次】

第1章 それは『ジャンプ』からはじまった

第2章 ひばりくんと白いワニ

第3章 時代の気分を<編集>する

第4章 This is Rock! 音楽と江口寿史

おまけ 江口寿史による江口寿史年代記

 とんぼの本シリーズやふくろうの本シリーズのように、この種のコンパクトなオールカラーのビジュアル本はたくさん先例がありますが、この高密度ぶりはちょっと見たことがないのではと思います。

 私が全ページ、インデザインで、各ページにどの図版とどの解説テキストがそれぞれどういう大きさ・位置で入るかレイアウトしたものをもとに、デザイナーの川名潤さんが、「こ、これがデザイナーの…力…っ!」と驚かされる仕事ぶりで、これぞまさに「ポップ」というべき本に仕上げてくれました。

 表紙は江口さんが、この本の内容にふさわしいイラストって結局どんなんだ…?っていう難問に、「3頭身じゃない先ちゃん」という見事な解答を出してくださいました。そう、全部この人が生み出してきたものなんです。

 まえがきで江口さんも書かれてるんですが、「パイレーツ」や「ひばりくん」直撃世代は「その後」の仕事をフォローできていないことが多く、また逆に近年のイラスト仕事で江口さんを知った若い世代はマンガ家江口寿史のすごさを知らないという状況がある中、デビュー前から今日に至る、江口さんの仕事の歩みをたどることのできるガイドブックになっているのではないかと思います。

 基本的には仕事を歴史順にたどっているのですが、4章は音楽との関わりという切り口で江口さんの仕事を通覧しなおすということをしていて、江口さんのディープなファンのみなさんにも楽しんでいただけるのではないかと思っています。

 去年出た画集と今年の初めに出たユリイカの総特集江口寿史と合わせて読んで・見て・いただければ、江口寿史の仕事の広がりとその意味が、ほぼ見渡せると思います。


 刊行を記念してたくさんのサイン会、そして私も登壇するトークイベントなどが用意されています。

 青土社のサイトにイベント情報のまとめページがありますので、そちらをチェックしていただければと思います。


http://www.seidosha.co.jp/topics/index.php?id=52&year=2016


 また、アマゾンで買いたくないよーという方は青土社のサイトから各ネット書店へのリンクがまとめられています。


http://www.seidosha.co.jp/book/index.php?id=2979


 担当編集者の(F)さんは、微に入り細にわたる校閲作業を粘り強く行うと同時に、江口さんの原稿を待つという高難度なタスク(笑)をこなしてくださいましたし、デザイナーの川名さんは上でも触れたように煩雑極まる作業を見事に遂行してくださいました。そして江口さんは、私の作業に一切口出しせず、素晴らしい表紙と(編者にとっては)感動的なまえがきをくださいました。


 …てことは、これでこの本売れなかったら完全に俺の責任じゃん…!ってこないだ気付いて膝ガクガクしたんですが、今はもう俎板の上の鯉の心境で、みなさんのご感想を待つばかりです。とりあえず、手に取ってぱらぱら見てもらえればありがたいです!

 よろしくお願いします!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hrhtm1970/99991231

2017-02-18

ミュージカル「わたしは真悟」のレビューを書きました。 22:40 ミュージカル「わたしは真悟」のレビューを書きました。を含むブックマーク

 メディア芸術カレントコンテンツにミュージカル「わたしは真悟」のレビューを「二重に見える、別のリアル」と題して、書きました。


http://mediag.jp/report-column/2017/02/17/singo.html


 楳図かずおの超絶的な傑作を、ミュージカル化するという野心的な舞台で、非常に刺激的で素晴らしかったです。既に公式サイトが無くなっているようなので、ステージナタリーの記事のリンクを貼っておきます。


http://natalie.mu/stage/news/211364


 普段、舞台にはあまりなじみがなくて、いわゆる2.5次元ミュージカルも劇場に観に行ったことはないんですが、出演者の一人である大原櫻子さんと、思いがけないご縁があり、稽古が始まる前に、原作の解釈についてお話しする機会があったので、お礼にとご招待いただいたのでした。それだけにもし微妙な出来だったらどうしようと思ってたんですが(笑)、本当に素晴らしくて、楳図作品や漫画表現自体の特質についても考えさせてくれる作品だったので、これはちゃんと論じておきたいなと思った次第です。

 かなり力を入れて書いたので、ぜひお目通しいただければと思います。

次男三男と神代植物公園へ 22:40 次男三男と神代植物公園へを含むブックマーク

 入試シーズンで二週連続土日休めてなくて、明日も「「鈴木先生」アテレコライブ」トークに出ることになっているので、今日はいろいろ魅力的なマンガ関連イベントもあったんですが、オフに。午後、次男三男と神代植物公園へ自転車で行きました。

 

f:id:hrhtm1970:20170218143152j:image


 神代植物公園にはうめ園があるんです。梅の産地で生まれ育ったんで、できるだけ梅の季節には梅のにおいをかぎたいんです。

 曇ってて寒かったし、五分咲きから七分咲きって感じでしたけど、かわいいし、香りは十分でした。

 ちなみに次男三男は一切興味なかったんで、二人で芝生でフリスビーしといてもらって自分だけササッと見て、そのあと芝生に戻って3時間ほどたっぷりフリスビーやサッカーして楽しく過ごしました。


f:id:hrhtm1970:20170218154721j:image


 天気のおかげで家族連れがほとんどいなくて広大な芝生が使い放題(笑)。


f:id:hrhtm1970:20170218163914j:image

f:id:hrhtm1970:20170218163747j:image


 三男が連れてきたパンダも公園を楽しんでました。

今日の寝る前の本 23:11 今日の寝る前の本を含むブックマーク

 今日も次男は自分で、三男はおかあちゃんに読んでもらって、それぞれハリー・ポッターの別の巻を。

 三男は2巻。


ハリー・ポッターと秘密の部屋

ハリー・ポッターと秘密の部屋


 次男はここまで進んでます。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hrhtm1970/20170218

2017-02-04

明治大学国際日本学部・宮本大人ゼミナール卒論発表会 12:08 明治大学国際日本学部・宮本大人ゼミナール卒論発表会を含むブックマーク

【イベント当日の日付でアップしています】

f:id:hrhtm1970:20170125135724j:image

 今年もやります卒論発表会。発表予定は以下の通り。学外の方の来聴も歓迎、入退室自由です。


日時:2月4日(土)13時00分〜18時30分

場所:明治大学中野キャンパス高層棟515教室

【発表予定】

13時00分〜13時30分:那須 慧

 広告はビール類の売り上げにどのような効果をもたらしてきたのか

13時30分〜14時00分:殿岡梨音

 Instagramと女性ファッション誌にはどのような関係性があるか

14時00分〜14時30分:佐藤奈瑠美

 SUPER JUNIORMVの変遷 

14時40分〜15時10分:本戸翔子

 ソフィア・コッポラの作品における「服飾」の持つ意味とは何か

15時10分〜15時40分:星野里奈

 ASIAN KUNG-FU GENERATIONの表現とその変遷

15時40分〜16時10分:岸本実希

 少女向け恋愛マンガにおける「扇型関係」の特殊性

 

16時20分〜16時50分:江原光貴

 『Friends』論

16時50分〜17時20分:佐野史奈

 恩田陸作品における女性キャラクターとは

 

17時30分〜18時00分:池永紗英

 ジェームズ・ワンの恐怖の作法

18時00分〜18時30分:幸田織音

 1987年以降、商業施設の女性用トイレはどのように変化したか

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hrhtm1970/20170204

2017-01-29

ゆる休日 21:46 ゆる休日を含むブックマーク

 今日は深大寺の境内で「深大寺ゆきあそび」というイベントがあるというので昼前から次男三男と出かけてみたんですが、一度に一人か二人しかすべれない幅のソリすべり用すべり台と、2,3メートル四方の「雪あそび広場」しかなくて、滑り台には長蛇の列ができており、雪あそび広場には小さな砂糖の山にアリが群がってるような密度で幼児が密集しており、小4と幼稚園年長はたちまち「何これ?」状態に。

 次男はもともと「えー、別にそんな行きたくない」って言ってて、「だいたいそんな雪いっぱい持ってこれるの?」とか言ってたのを、行ったら絶対楽しいってって言いながら連れて来たので、「ほらー、言ったじゃーん!」ってもうがんがんディスられてしまいました。


http://chofu.com/web/jindaiji_soba/wp/wp-content/uploads/2016/12/yukiasobi2017.pdf


 だってこんな↑ちゃんとチラシ作ってて、昨日はJCOMの調布とか三鷹の情報番組で照英が紹介してたっておかあちゃんも言ってたから、さすがにここまでとは思わなかったんだよー。

 以前、武蔵野市のプレーパークでやっぱりどっかから雪運んできて雪あそびやったとき(→ http://d.hatena.ne.jp/hrhtm1970/20150308/1425823710 )はもっといっぱい雪があったから、まさか大した広報もしてないプレーパークよりはるかに小規模だとは思わなかったんだよー。


 ってことで、長靴はいて着替えも用意して行ってたんですが、結局長靴はいてるから別の公園に行っても遊びにくいしってことで家に帰って、あとはゆるゆる過ごしたのでした。来週再来週は入試等で土日休めないし、今日せっかく天気も良かったので外で楽しく過ごしたかったんですが調べ不足でこんな感じになってしまいました。

 ま、次男も三男も家で普通に楽しそうにあれこれ遊んでましたし、自分も次男がお風呂洗ってる間三男とポケモンカードゲームしたり、次男三男とお風呂で遊んだりしたのでなごんだ休日ではありました。

今日の寝る前の本 21:46 今日の寝る前の本を含むブックマーク

 次男も三男もハリー・ポッター

 三男はおかあちゃんに読んでもらってこちらを。

ハリー・ポッターと賢者の石 (1)

ハリー・ポッターと賢者の石 (1)


 次男は自分でこちらを。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hrhtm1970/20170129

2017-01-21

ひさびさオフ 23:32 ひさびさオフを含むブックマーク

 年末年始4日間の冬休み以降、卒論修論の添削があり、授業が始まり、先週の土日は新潟に江口寿史展&イベントを見に行ったり、あっという間に日々は過ぎて、気づけばもう21日。久々に一日オフで家族と過ごしました。午前中はスーパーにおつかいに行ったりゴミ出したり、午後は次男三男と三男の体操教室に行ったり、終わった後ミニストップでおやつ食べたり、夜ご飯は回るお寿司に行ったり、でした。

 体操教室を久しぶりに見に行けたのはよかったです。あと、何でも次男の真似をしたい三男が年末からピアノをやり始めていて、簡単な曲なら弾けるようになってるのを動画撮ったり。

 三男ももうすぐ卒園、春から小学校なので、長く続いた「家に幼児がいる暮らし」がついについに終わってしまいます。朝幼稚園に自転車で次男三男を送っていく生活もあとわずか。おろろーん。切ないー。

 平日毎日帰宅は0時以降、週に1日しか休みがないっていう生活では、毎朝、自転車で通園してる間ちょこちょこ幼稚園の話を聞いたり、朗々とNARUTOの主題歌を歌う(これは今の三男)のを聞いたりする時間はすごく大事だったんです。

 あと、毎朝、幼稚園でたくさんのちびっこがキャッキャしてるのを見て、さらにそれがそれぞれ少しずつ成長していくのを見るのも、ほんとに精神衛生上よかったんですよね…。

 というわけで、4月以降、むしろ今までより早起きしないと子供たちと話す時間が減っちゃう(幼稚園の登園時間が小学校より遅いので、長男次男が家を出るころに起きれば間に合ってしまってたため、その時間に起きるのを変えないと三男とも話せなくなる)なーなどと思う今日この頃なのでした。

今日の寝る前の本 23:32 今日の寝る前の本を含むブックマーク

 今日は三男がこちらをおかあちゃんにベッドの部屋で読んでもらってました。

くまのコールテンくん (フリーマンの絵本)

くまのコールテンくん (フリーマンの絵本)

 我が家の定番。長男次男と同様、夜中のデパートでエスカレーターに乗って「これ やまかなあ」って言ってるコールテンくんに「やまなわけないじゃん(笑)」ってリアクションを三男もしてたそうです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hrhtm1970/20170121