宮本大人のミヤモメモ このページをアンテナに追加

9999-12-31

江口寿史 KING OF POP Side B』刊行されました! 21:27 『江口寿史 KING OF POP Side B』刊行されました!を含むブックマーク

 2015年10月から16年2月にかけて明治大学米沢嘉博記念図書館で開かれた「江口寿史展 KING OF POP Side B」(写真撮影フリーだった展示の感想ツイートのまとめはこちら。 http://togetter.com/li/886025 )を書籍化した『江口寿史 KING OF POP Side B』が、10月25日、青土社から発売になりました!

江口寿史 KING OF POP Side B

江口寿史 KING OF POP Side B

 展示のキュレーションをさせてもらった私が、そのまま編者をさせていただいて、コンパクトな展示空間に頭おかしいんじゃないかってくらいギチギチに詰め込んだ高密度展示を、その高密度感のまま、A5判144ページのコンパクトな本の中に再現した本になっております。

小・中学時代の落書きノート、デビュー当時のマンガから「パイレーツ」「ひばりくん」などの貴重な原画に加え、初出誌や関連資料を多く用いて、それぞれの仕事が置かれた時代の文脈を明らかにする。マンガ家・江口寿史の軌跡をたどる、ファン必読の一冊。


【目次】

第1章 それは『ジャンプ』からはじまった

第2章 ひばりくんと白いワニ

第3章 時代の気分を<編集>する

第4章 This is Rock! 音楽と江口寿史

おまけ 江口寿史による江口寿史年代記

 とんぼの本シリーズやふくろうの本シリーズのように、この種のコンパクトなオールカラーのビジュアル本はたくさん先例がありますが、この高密度ぶりはちょっと見たことがないのではと思います。

 私が全ページ、インデザインで、各ページにどの図版とどの解説テキストがそれぞれどういう大きさ・位置で入るかレイアウトしたものをもとに、デザイナーの川名潤さんが、「こ、これがデザイナーの…力…っ!」と驚かされる仕事ぶりで、これぞまさに「ポップ」というべき本に仕上げてくれました。

 表紙は江口さんが、この本の内容にふさわしいイラストって結局どんなんだ…?っていう難問に、「3頭身じゃない先ちゃん」という見事な解答を出してくださいました。そう、全部この人が生み出してきたものなんです。

 まえがきで江口さんも書かれてるんですが、「パイレーツ」や「ひばりくん」直撃世代は「その後」の仕事をフォローできていないことが多く、また逆に近年のイラスト仕事で江口さんを知った若い世代はマンガ家江口寿史のすごさを知らないという状況がある中、デビュー前から今日に至る、江口さんの仕事の歩みをたどることのできるガイドブックになっているのではないかと思います。

 基本的には仕事を歴史順にたどっているのですが、4章は音楽との関わりという切り口で江口さんの仕事を通覧しなおすということをしていて、江口さんのディープなファンのみなさんにも楽しんでいただけるのではないかと思っています。

 去年出た画集と今年の初めに出たユリイカの総特集江口寿史と合わせて読んで・見て・いただければ、江口寿史の仕事の広がりとその意味が、ほぼ見渡せると思います。


 刊行を記念してたくさんのサイン会、そして私も登壇するトークイベントなどが用意されています。

 青土社のサイトにイベント情報のまとめページがありますので、そちらをチェックしていただければと思います。


http://www.seidosha.co.jp/topics/index.php?id=52&year=2016


 また、アマゾンで買いたくないよーという方は青土社のサイトから各ネット書店へのリンクがまとめられています。


http://www.seidosha.co.jp/book/index.php?id=2979


 担当編集者の(F)さんは、微に入り細にわたる校閲作業を粘り強く行うと同時に、江口さんの原稿を待つという高難度なタスク(笑)をこなしてくださいましたし、デザイナーの川名さんは上でも触れたように煩雑極まる作業を見事に遂行してくださいました。そして江口さんは、私の作業に一切口出しせず、素晴らしい表紙と(編者にとっては)感動的なまえがきをくださいました。


 …てことは、これでこの本売れなかったら完全に俺の責任じゃん…!ってこないだ気付いて膝ガクガクしたんですが、今はもう俎板の上の鯉の心境で、みなさんのご感想を待つばかりです。とりあえず、手に取ってぱらぱら見てもらえればありがたいです!

 よろしくお願いします!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hrhtm1970/99991231

2018-11-06

次男12歳 23:35 次男12歳を含むブックマーク

 の誕生日でした。

 お祝いとかで何食べたい?って聞くといくら丼!しか言わない次男と、唐揚げかしゃぶしゃぶ!しか言わない三男(8歳)と、サライとかdancyu読んでるおっさんみたいな食の趣味の長男(16歳)の妥協点として最寄駅近くの海鮮居酒屋が選出されました。

 家族で平日の居酒屋でメシ食うの新鮮。自分もオクサンも含めて誰も酒飲めないのに(笑)。ちなみに長男はあん肝ポン酢とか鯨ベーコンとか鮭茶漬けとか食べてました。

 ケーキは帰ってから食べました。

f:id:hrhtm1970:20181106232827j:image

f:id:hrhtm1970:20181106232823j:image

f:id:hrhtm1970:20181106232820j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hrhtm1970/20181106

2018-11-03

次男三男と明大23:57 次男三男と明大祭を含むブックマーク

 昨日2日から明日4日まで明大祭。ミヤモトゼミは今年も模擬店ラピュタパン教室カフェで参加しております。

 今日は次男三男連れて行きました。

 11時の開始とともに行って、まずウチのラピュタパンで早めの昼食。マジック同好会でスプーン曲げ見て、いったん明大前駅に戻ってポケGOのゲンガーレイドやって、また戻ってポケモン研究会へ。次男はポッ拳、三男はポケカ。次男はポッ拳の後ポケカ一戦やったら、ま、もういいかなって感じだったので、もう小6だし、自分の興味のあるとこ回ったら?って言って、とりあえず最初のサバゲサークルでエアガン撃たせてもらうのだけ付いて行って、あとは一人で回らせました。音楽系のサークルやらミステリー研やら、ボードゲームサークルやら再びマジック同好会やらあちこちまわって、最終的にはうちのゼミのカフェに戻って、ゼミ生のお姉さんたちとトランプでいろいろゲームしてました。三男はひたすらポケカ三昧。12戦9勝だったそうで、キャンパスを出てから寝るまで「今日めっちゃ楽しかった」って何十回も言ってました(笑)。 

 今日は1期生、4期生、6期生、7期生と卒業生が次々来てくれたので、ちょこちょこしゃべりながら、時々子供たちの様子見ながらで過ごしましたが、三男1人で置いといていいって助かるなー、次男が初めて1人で回ってるのちょっといいなー、って思って感慨深かったです。

f:id:hrhtm1970:20181103110707j:image

f:id:hrhtm1970:20181103122859j:image

f:id:hrhtm1970:20181103123654j:image

f:id:hrhtm1970:20181103131414j:image

f:id:hrhtm1970:20181103132051j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hrhtm1970/20181103

2018-10-28

次男と芝刈り、三男とポケゴー 22:45 次男と芝刈り、三男とポケゴーを含むブックマーク

 今日は穏やかな晴天の日曜日。

 午前中は、三男が作文の宿題を延々とやってる間(なまじ書きたいこと、書かないといけないことをたくさん思いついて、表現の工夫もできちゃう分、やたら長くなって、結局書くのが嫌になってくる)、次男と庭の芝刈りをしました。芝刈り機がハンディタイプのやつなので、ずっと地面に膝ついて、というか四つん這いで作業する感じになるので、なにげにしんどい(笑)。最初3分の2くらいはおとうが芝刈って、次男が金属製の竹ぼうき的なやつで葉っぱを集め、残り3分の1くらいは交代して作業しました。

 次男は、最近反抗期的な態度をちょいちょい出してきて、おかあちゃんと衝突してるんですが(笑)、初めて芝刈り機を使って自分で芝を刈る、とかは普通に楽しいみたいで、めっちゃ熱中してやってて、終わったら、「おー、さっぱりしたねえ!おかあさーん、めっちゃさっぱりしてない?」みたいなこと言ってたのでかわいかったです。

 で、午後は三男と井の頭公園へ行ってまたポケGO。ダンバルコミュニティデイのやり直しデイ。ラスト1時間だけしかできませんでしたが、ウチは前回普通にフルにできているので、それなりにいい成果が得られ、ギラティナのレイドでも高個体が取れたので、三男的には大満足。おやつにハロウィン限定ドーナツ買って家に帰ってみんなで食べた休日でした。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hrhtm1970/20181028

2018-10-22

放課後にジブリ美術館 23:28 放課後にジブリ美術館を含むブックマーク

 ウチから自転車で15分くらいのところに三鷹の森ジブリ美術館があるんですが、いつでも行けると思うと案外1,2年に1回しか行かなかったりするものでして。

 ゼミでも年に1回は行ってるので、家族でもそれくらいのペースで行ってるつもりだったんですが、そうでもなくて。

 去年の5月からやってる「食べるを描く」展、ゼミで観に行って、これは子供たちも喜ぶから家族で来ようと思って、早1年半。通常は1年で終わる企画展ですが、好評につき半年延長になってたのも、もう間もなく終了ということで、ようやくヤバいと気づいて、行かねばと。

 幸い三鷹市民は一般の日時指定チケットとは別枠のチケットが(日にちと午前・午後は指定されますが)あり、平日の分ならかなり直前まで残っているので、そちらを利用。

 自分が授業のない月曜日に早退して、子供たちは小学校が終わり次第(長男は高校の用事があるので不参加)移動、で16時過ぎにジブリ美術館集合。閉館まで2時間足らずでしたが、まずは館内のカフェのテイクアウトのソフトクリームをおやつに食べて、建物屋上ロボット兵とラピュタの黒い石のとこへ行って、ねこバスに乗って、企画展見て2階の常設展見て、美術館オリジナルアニメ次男以外は別の機会に見た作品だったので見るのをあきらめて、1階の常設展見て、井戸水汲んで、閉館までフルに楽しんで、夕食は吉祥寺で食べて帰りました(美術館のカフェはオクサンが乗り気でなく、次男三男もホームページでメニュー見たときそんなに食べたいものがなかったため)。

 お目当ての「食べるを描く」は期待通り次男三男にも好評でした。

 あと、小6までしか利用できないねこバスも、次男は最初「いや、いいよ…」ってにやにやしてたんですが、オクサンと二人で「次来たときはもう乗りたくても乗れないんだよ?」「あー、あの時乗っときゃよかったってなっても乗れないんだよ?」「これが多分ラストチャンスなんだよ?」って煽ったら、「あ、じゃあ…」ってなって、なんだかんだでねこバスの中でまっくろくろすけに埋もれて幸せそうな顔してて、「めっちゃ気持ちよかったよ!」って言いながら出てきたので何よりでした。

 最後に、夕方から夜にかけての美術館の風景(建物内は撮影不可)をお楽しみください。

f:id:hrhtm1970:20181022152121j:image

f:id:hrhtm1970:20181022161021j:image

f:id:hrhtm1970:20181022164146j:image

f:id:hrhtm1970:20181022175725j:image

f:id:hrhtm1970:20181022175925j:image

f:id:hrhtm1970:20181022180159j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hrhtm1970/20181022