宮本大人のミヤモメモ このページをアンテナに追加

9999-12-31

江口寿史 KING OF POP Side B』刊行されました! 21:27 『江口寿史 KING OF POP Side B』刊行されました!を含むブックマーク

 2015年10月から16年2月にかけて明治大学米沢嘉博記念図書館で開かれた「江口寿史展 KING OF POP Side B」(写真撮影フリーだった展示の感想ツイートのまとめはこちら。 http://togetter.com/li/886025 )を書籍化した『江口寿史 KING OF POP Side B』が、10月25日、青土社から発売になりました!

江口寿史 KING OF POP Side B

江口寿史 KING OF POP Side B

 展示のキュレーションをさせてもらった私が、そのまま編者をさせていただいて、コンパクトな展示空間に頭おかしいんじゃないかってくらいギチギチに詰め込んだ高密度展示を、その高密度感のまま、A5判144ページのコンパクトな本の中に再現した本になっております。

小・中学時代の落書きノート、デビュー当時のマンガから「パイレーツ」「ひばりくん」などの貴重な原画に加え、初出誌や関連資料を多く用いて、それぞれの仕事が置かれた時代の文脈を明らかにする。マンガ家・江口寿史の軌跡をたどる、ファン必読の一冊。


【目次】

第1章 それは『ジャンプ』からはじまった

第2章 ひばりくんと白いワニ

第3章 時代の気分を<編集>する

第4章 This is Rock! 音楽と江口寿史

おまけ 江口寿史による江口寿史年代記

 とんぼの本シリーズやふくろうの本シリーズのように、この種のコンパクトなオールカラーのビジュアル本はたくさん先例がありますが、この高密度ぶりはちょっと見たことがないのではと思います。

 私が全ページ、インデザインで、各ページにどの図版とどの解説テキストがそれぞれどういう大きさ・位置で入るかレイアウトしたものをもとに、デザイナーの川名潤さんが、「こ、これがデザイナーの…力…っ!」と驚かされる仕事ぶりで、これぞまさに「ポップ」というべき本に仕上げてくれました。

 表紙は江口さんが、この本の内容にふさわしいイラストって結局どんなんだ…?っていう難問に、「3頭身じゃない先ちゃん」という見事な解答を出してくださいました。そう、全部この人が生み出してきたものなんです。

 まえがきで江口さんも書かれてるんですが、「パイレーツ」や「ひばりくん」直撃世代は「その後」の仕事をフォローできていないことが多く、また逆に近年のイラスト仕事で江口さんを知った若い世代はマンガ家江口寿史のすごさを知らないという状況がある中、デビュー前から今日に至る、江口さんの仕事の歩みをたどることのできるガイドブックになっているのではないかと思います。

 基本的には仕事を歴史順にたどっているのですが、4章は音楽との関わりという切り口で江口さんの仕事を通覧しなおすということをしていて、江口さんのディープなファンのみなさんにも楽しんでいただけるのではないかと思っています。

 去年出た画集と今年の初めに出たユリイカの総特集江口寿史と合わせて読んで・見て・いただければ、江口寿史の仕事の広がりとその意味が、ほぼ見渡せると思います。


 刊行を記念してたくさんのサイン会、そして私も登壇するトークイベントなどが用意されています。

 青土社のサイトにイベント情報のまとめページがありますので、そちらをチェックしていただければと思います。


http://www.seidosha.co.jp/topics/index.php?id=52&year=2016


 また、アマゾンで買いたくないよーという方は青土社のサイトから各ネット書店へのリンクがまとめられています。


http://www.seidosha.co.jp/book/index.php?id=2979


 担当編集者の(F)さんは、微に入り細にわたる校閲作業を粘り強く行うと同時に、江口さんの原稿を待つという高難度なタスク(笑)をこなしてくださいましたし、デザイナーの川名さんは上でも触れたように煩雑極まる作業を見事に遂行してくださいました。そして江口さんは、私の作業に一切口出しせず、素晴らしい表紙と(編者にとっては)感動的なまえがきをくださいました。


 …てことは、これでこの本売れなかったら完全に俺の責任じゃん…!ってこないだ気付いて膝ガクガクしたんですが、今はもう俎板の上の鯉の心境で、みなさんのご感想を待つばかりです。とりあえず、手に取ってぱらぱら見てもらえればありがたいです!

 よろしくお願いします!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hrhtm1970/99991231

2018-01-13

劇場版妖怪ウォッチからのポケモンGOなど 22:17 劇場版妖怪ウォッチからのポケモンGOなどを含むブックマーク

 気付けば1月1日以来の更新ですか。4日から仕事始めて卒論修論の添削や授業や自分の論文の修正や学会の理事会等々、今年最初の小さな仕事の山が立て込んで、今日はオフでした(センター試験の監督は当たらなかったのです、ありがとうございます。でも免除になるような仕事を学内でしているのです)。

 まずは朝から次男三男と新宿で劇場版妖怪ウォッチ。うっかり金券ショップで紙の前売り券買ってたのでネットで座席予約できず、11時からの回のために10時前に劇場に着くように出かけました。無事最前列を確保し、次男のDSのポケモンウルトラサンで今日から配布される色違いグラードンのデータのシリアルコードをもらいにビックロへ。開店数分前に行ったのでなにげに一番乗りでゲット。早速データ受け取って映画館のロビーでほくほくでゲームを進めてました。三男はその間ポケモンGOの方のポケモンたちを進化させたり整理したり。

 で、妖怪ウォッチ。冒頭、スマホのバイブ音で主人公が目を覚ますと超長周期の彗星が接近中というニュースが流れて、その後、上白石萌音の声の女の子が登場するという、なかなかの「君の名は。」感とともに始まったんですが、全体的にはいつものパロディネタはほとんど封印。相当の変化球だった去年とも違って今年は割とストレートに強い敵をやっつける構成で楽しめました。今回はテレビ版から30年後の世界が舞台、最初から最後まで、ケータたちテレビ版の少年少女は登場しない、ジバニャンもコマさんも30年後の姿のまま、という設定で、そのこともパロディ控えめでも違和感なく見られた要因かなと。しかも次作に続く終わり方をしたのでこのまま続けるんだ!?ってなりました。

 あと、途中助っ人で鬼太郎が登場するんですが、鬼太郎も猫娘も、意外にも漫画原作・テレビ版第一シリーズのキャラクターデザインに寄せてきていて、いや妖怪ウオッチの世界ならテレビ版第3シリーズ辺りの絵の方が合うのでは?と思ったりしましたが、そこは何かこだわりのリスペクトがあったのかもしれません。

 映画観た後は、おかあちゃんと、今遊びに来てくれてるおばあちゃんと合流してランチ。その後おとうちゃんと三男組は中野でポケモンGO、次男とおかあちゃんおばあちゃん組は新宿でショッピング。の前にちょうど近くのジムで今日から出現のカイオーガのレイドバトルがあったのでまず次男が挑戦。ゲットならずでしたが初日にチャレンジできて次男はそれなりに満足してそこで解散

 その後三男と中野に移動したらちょうどまたカイオーガレイドがあったので、チャレンジしたところ、残り2球でストレート&ナイススローで見事ゲット。今回今までの伝説ポケモンで一番ゲットチャレンジが難しいと言われてるようなので、カーブボールでもグレートスローでもないのにゲット出来てなかなかラッキーだったなと。

 非常に効率的に目標を達成し、ブロードウェイの中古のポケモンカードを扱ってるお店に行って三男のほしいものがあるか、値段はいくらかを確認(年末年始に、貯めたお小遣いで新品を1700円分くらい買ってるので今日は買わない)してから、マックでおやつして帰宅しました。夜はご飯食べながら、録画してあった「世界ネコ歩き」を見ていたら、ぴっちもかぶりつきで見始めたので、ネコ歩きとネコ歩きを見るネコを見る子供たちを見る大人たちになってました。

 朝出かける前に次男と三男の間でちょっともめることがあったんですが、それは電車に乗る前に一応解決して、その後楽しい一日を過ごせて、夜寝るときには三男から恒例の「今日はいやなこといっこもなかった」も聞けたので、良い一日でした。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hrhtm1970/20180113

2018-01-01

あけましておめでとうございます 22:20 あけましておめでとうございますを含むブックマーク

 年末は長男、三男が連続してインフルエンザにかかりましたが、タイミングは絶妙というか、長男の冬期講習欠席は一日のみで済み、「ライオンキング」は予定通り見に行くことができましたし、長男も三男もイナビル吸入後すぐに高熱からは解放されましたし、もともと今年は帰省の予定もなかったので、ま、ある意味よかったなと。

 30、31日は、長男冬期講習、三男まだ微熱ということで戦力ダウンはしてましたが、次男とおかあちゃんとおとうちゃんでできる限りの大掃除をして、皆で楽しく新年を迎えることができました。

 2017年は論文を3本発表しました。


薄れてゆく輪郭 —児童読物統制下における子供向け物語漫画の「絵物語」化について—

『児童文化研究センター研究論文集20』

http://www.shirayuri.ac.jp/childctr/treatise/index.html


漫画を「聴く」という体験――漫画における音声表象の利用についての歴史的素描

鈴木雅雄+中田健太郎編『マンガ視覚文化論 見る、聞く、語る』

http://www.suiseisha.net/blog/?p=6672


笑って口をあけている――加古里子の科学絵本の特質について

現代思想2017年9月臨時増刊号 総特集=かこさとし

http://www.seidosha.co.jp/book/index.php?id=3068


 また、このブログでも「君の名は。」と「この世界の片隅に」を論じた長いエントリを書きました。


http://d.hatena.ne.jp/hrhtm1970/20170724/1500893086

http://d.hatena.ne.jp/hrhtm1970/20170827/1503842260

http://d.hatena.ne.jp/hrhtm1970/20170828/1503842260


 今年もとりあえず春に2本論文が出る予定です。春休みと夏休みにも書きたいと思っていますが、春からマンガ学会の事務局を引き受ける予定なので、それもちゃんと回していかないとなと思っています。

 このブログも基本的に告知と休日日記だけみたいな感じですが、続けていくと思いますので、今年もよろしくお願いします。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hrhtm1970/20180101

2017-12-28

家族でライオンキングを観に行きました 21:14 家族でライオンキングを観に行きましたを含むブックマーク

 冬休みに家族でミュージカル行くとかいうことがしたいというオクサンの要望により、劇団四季の「ライオンキング」を、塾の冬期講習中(冬期講習なくても興味ないんですが)の長男除く家族四人で観に行ってきました。チケットの予約等はもちろんずいぶん前にオクサンが手配済み。

 劇団四季、個人的には全然お金払って観に行くほどの興味がなかったんですが、「ライオンキング」ならセットとか小道具・大道具、歌と踊りに次男が喜ぶに違いない、その様子は見たい、という点でオクサンと一致したので、「オレあんまきょうみないんだよー」と渋る三男をなだめながら出かけたのでした。

 次男は期待通り盛り上がり、終わった後「めっちゃおもしろかった」と言ってましたが、三男も予想通りの、まあ、そこそこ楽しんだ、みたいな感じでした。小1の三男的には、まず全体に長い(休憩はさんで2時間半以上)、アフリカの言葉っぽい歌がなんだか不気味、ソロパートの歌が退屈&何言ってるかよく分からないので結構話が追えなくなる(時々小声で説明のフォローはしました)、あとそもそも暗い空間が嫌い、等がハードルになっていたようです。リズミカルな歌での群舞や大がかりな仕掛けにはひきつけられてましたし、マントヒヒのコミカルな言動などは普通にウケてました。

 おとうちゃん的には、申し訳ないですけど、最初に買ってもらった漫画がほかならぬ「ジャングル大帝」で、以来手塚治虫で育ち、ある時期からは宮崎駿の仕事にリアルタイムで接してきたので、ちょっと物語が絶望的につまらないという感覚は覆らず…。歌と踊りと各種の仕掛けは確かにすごい完成度なので、そこと子どもたちのリアクションを楽しませてもらいました、という感じです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hrhtm1970/20171228

2017-12-23

ポケモンGOのAR+機能で遊ぶ 22:58 ポケモンGOのAR+機能で遊ぶを含むブックマーク

 このところ次々新機能や新イベントを繰り出してくるポケモンGO。今週はホウエン地方のポケモンがさらに追加、サンタ帽子ピカチュウデリバードも登場、さらにAR機能がさらに進化した「AR+」になって、ポケモンの「そこにいる」感がさらに増加という展開。

 AR+機能、具体的にどうなってるかというと、ポケモンに近づくとポケモンが警戒するのでその警戒心メーターに注意しながら近づくと、ポケモンの後ろや横に回り込んだりできる上、一定程度近づくと「エキスパート」表示が出て、その状態でゲットすると通常ゲット時の経験値が100なんですけど、プラス100ボーナスがもらえるという仕様。これだけだとよくわからないと思いますので、興味がおありの方はこちらの解説記事をどうぞ。


https://pokemongo.gamewith.jp/article/show/84834


 立体感について簡単に言うと、こういう写真は今までも撮れたんですが、


f:id:hrhtm1970:20171223225441p:image


 今回のアップデートでこういうふうに横に回り込んだようなのも撮れるようになったと。


f:id:hrhtm1970:20171223225618p:image


 これウチの子たち絶対盛り上がるやつやんと思って、今日はまた中野キャンパス前の四季の森公園でポケ活したんですが、期待通りの盛り上がりで、二人でいろんなポケモンと色んな写真撮ってゲットして、あとレイドバトルも2回して、先週次男しかゲットできなかったグラードンを今日は三男がゲットできたので、満足して帰りました。

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hrhtm1970/20171223