宮本大人のミヤモメモ このページをアンテナに追加

9999-12-31

江口寿史 KING OF POP Side B』刊行されました! 21:27 『江口寿史 KING OF POP Side B』刊行されました!を含むブックマーク

 2015年10月から16年2月にかけて明治大学米沢嘉博記念図書館で開かれた「江口寿史展 KING OF POP Side B」(写真撮影フリーだった展示の感想ツイートのまとめはこちら。 http://togetter.com/li/886025 )を書籍化した『江口寿史 KING OF POP Side B』が、10月25日、青土社から発売になりました!

江口寿史 KING OF POP Side B

江口寿史 KING OF POP Side B

 展示のキュレーションをさせてもらった私が、そのまま編者をさせていただいて、コンパクトな展示空間に頭おかしいんじゃないかってくらいギチギチに詰め込んだ高密度展示を、その高密度感のまま、A5判144ページのコンパクトな本の中に再現した本になっております。

小・中学時代の落書きノート、デビュー当時のマンガから「パイレーツ」「ひばりくん」などの貴重な原画に加え、初出誌や関連資料を多く用いて、それぞれの仕事が置かれた時代の文脈を明らかにする。マンガ家・江口寿史の軌跡をたどる、ファン必読の一冊。


【目次】

第1章 それは『ジャンプ』からはじまった

第2章 ひばりくんと白いワニ

第3章 時代の気分を<編集>する

第4章 This is Rock! 音楽と江口寿史

おまけ 江口寿史による江口寿史年代記

 とんぼの本シリーズやふくろうの本シリーズのように、この種のコンパクトなオールカラーのビジュアル本はたくさん先例がありますが、この高密度ぶりはちょっと見たことがないのではと思います。

 私が全ページ、インデザインで、各ページにどの図版とどの解説テキストがそれぞれどういう大きさ・位置で入るかレイアウトしたものをもとに、デザイナーの川名潤さんが、「こ、これがデザイナーの…力…っ!」と驚かされる仕事ぶりで、これぞまさに「ポップ」というべき本に仕上げてくれました。

 表紙は江口さんが、この本の内容にふさわしいイラストって結局どんなんだ…?っていう難問に、「3頭身じゃない先ちゃん」という見事な解答を出してくださいました。そう、全部この人が生み出してきたものなんです。

 まえがきで江口さんも書かれてるんですが、「パイレーツ」や「ひばりくん」直撃世代は「その後」の仕事をフォローできていないことが多く、また逆に近年のイラスト仕事で江口さんを知った若い世代はマンガ家江口寿史のすごさを知らないという状況がある中、デビュー前から今日に至る、江口さんの仕事の歩みをたどることのできるガイドブックになっているのではないかと思います。

 基本的には仕事を歴史順にたどっているのですが、4章は音楽との関わりという切り口で江口さんの仕事を通覧しなおすということをしていて、江口さんのディープなファンのみなさんにも楽しんでいただけるのではないかと思っています。

 去年出た画集と今年の初めに出たユリイカの総特集江口寿史と合わせて読んで・見て・いただければ、江口寿史の仕事の広がりとその意味が、ほぼ見渡せると思います。


 刊行を記念してたくさんのサイン会、そして私も登壇するトークイベントなどが用意されています。

 青土社のサイトにイベント情報のまとめページがありますので、そちらをチェックしていただければと思います。


http://www.seidosha.co.jp/topics/index.php?id=52&year=2016


 また、アマゾンで買いたくないよーという方は青土社のサイトから各ネット書店へのリンクがまとめられています。


http://www.seidosha.co.jp/book/index.php?id=2979


 担当編集者の(F)さんは、微に入り細にわたる校閲作業を粘り強く行うと同時に、江口さんの原稿を待つという高難度なタスク(笑)をこなしてくださいましたし、デザイナーの川名さんは上でも触れたように煩雑極まる作業を見事に遂行してくださいました。そして江口さんは、私の作業に一切口出しせず、素晴らしい表紙と(編者にとっては)感動的なまえがきをくださいました。


 …てことは、これでこの本売れなかったら完全に俺の責任じゃん…!ってこないだ気付いて膝ガクガクしたんですが、今はもう俎板の上の鯉の心境で、みなさんのご感想を待つばかりです。とりあえず、手に取ってぱらぱら見てもらえればありがたいです!

 よろしくお願いします!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hrhtm1970/99991231

2018-02-17

ゆる休日 23:11 ゆる休日を含むブックマーク

 今日は三男待望のベイブレードの新商品の発売日ということで、近所の家電量販店に開店2分前に行くところからスタート。競争相手はおらず余裕で一番乗り。すると店員さんが「小学生だよね?」と三男に聞いてきて、そうですと答えると、今日特に何にも告知してないんだけどベイブレード買いに来た小学生先着6名にスタジアムをプレゼントしてるんだけど、と驚愕の発言。鳩豆顔になった後ウキウキを抑えきれないながらも一生懸命敬語でおじさんとやり取りする三男。かさばるけど、まあ、誰かにあげてもいいし、と思って、ちゃんと片づけするんだよ?と三男に言い含めた後、ありがたくいただいてまいりました。

 帰宅後さっそく新ベイブレードとスタジアム抱えて、お昼ご飯の時間まで仲良しの同級生と遊びに出かけてました。その間こちらは庭で猫と日なたぼっこしたり。


f:id:hrhtm1970:20180217125208j:image

f:id:hrhtm1970:20180217125742j:image

f:id:hrhtm1970:20180217132251j:image


 すっかり大きくなりました。

 お昼を食べて、フィギュアスケートを最後の宇野選手の結果が出るまで見て、三男ととうちゃんは井の頭公園へ。ポケGOが旧正月祝いプチイベントで戌年にちなんで、犬系ポケモン大量発生&ちょうど今井の頭公園がワンリキーの巣になってるってことで、イーブイとワンリキーを乱獲してマックでおやつ食べて帰って来ました。

 

f:id:hrhtm1970:20180217162951j:image


 かいぼりしてる井の頭池。どこかに旅行に来たみたいな風景でした。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hrhtm1970/20180217

2018-02-12

今日は午後休み 22:44 今日は午後休みを含むブックマーク

 今日は午前中入試関連業務があったのですが、3連休に全然子供たちと遊べないのも悲しいってことで、昼過ぎに中野に着くように次男三男を送り出してもらって、お昼ご飯から合流、主にポケモンGOして遊びました。

 一昨日から登場したレックウザも次男がゲット。ブロードウェイにあるカードショップ見たり、マックでおやつ食べたり。おやつ食べたとこで次男は離脱、吉祥寺で待つおかあちゃんとあれこれ買い物に。三男ととうちゃんは中野に残ってさらにレイドバトルしたりして夕方まで遊びました。

 次男が離脱した後、三男と歩いていた時、小学校の先生と同じ名前のお店を見つけて、それきっかけで先生の話を楽しそうにしてくれたりするのもまたよし、という感じでした。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hrhtm1970/20180212

2018-02-04

井の頭池でチョコッとかいぼり隊 23:57 井の頭池でチョコッとかいぼり隊を含むブックマーク

【6日の夜に書いています】


 井の頭公園の井の頭池は現在3度目かのかいぼり中。2月4日から3月4日までの毎週日曜午前10時から12時前まで、かいぼり隊のお手伝いをする「チョコッとかいぼり隊」という体験イベントが実施されるということで、次男が行きたいというので三男も一緒に父子3人で参加してきました。


http://inokashirapark100.com/water_green/news/index.html 


 リンク先の説明だといまいちわからないかもですが、わりとガチでした(笑)。

 先着20名ということで、初日だし寒いし9時30分の受付開始に間に合えばいいかと思って行ったら、もうすでにギリギリでした。自分たちより前に申し込んでる人たちの住所を見ると三鷹市・武蔵野市はほとんどいなくて、遠いところだと埼玉の戸田市の人とかもいて、池の水全部抜くブームと井の頭池の知名度を思い知らされました。

 20名というのは子供たちの数で考えてくれているらしく、一緒に参加する保護者も合わせると40人くらいはいたような。

 装備もウチが一番軽い部類。僕はオクサンが買っといてくれた日本野鳥の会公認みたいな水が入らないように上を絞れるようになってる膝下までの長靴でしたが、次男三男は雨降りの日に履く脛の真ん中くらいまでの長靴の上のとこをビニールテープでぐるぐる巻いて水が入らないようにしただけ。服装は親子三人泥がついてもいいような服っていうだけ。あと僕と次男がゴム手袋、三男が軍手

 でもほかのみなさんはしっかり長くて水が入らない長靴や、上下レインコートとか水のしみないオーバーオールとか、要は膝までは泥に浸かる前提、子供は転んでもオッケーな前提の装備でした。

 結果、まあ、実際足が沈むのは脛の真ん中くらいまで、足を取られて転ぶ人もほとんどおらず、でしたが、ウチの子たちの長靴の長さよりは上に泥や水がきちゃうので、ズボンは膝から下が真っ黒っていう状態。そこから上も泥ハネだらけでした。

 あ、ちなみに大人用の更衣室とかはありません。ヨドコウ物置みたいな荷物置き場があるので、子供はそこで着替えさせることも可能です。

 

 で、作業は、参加者を2班に分けて、二つの作業を1時間弱ずつ交代でやるという形。多分毎週同じというわけではないんでしょうけど、今回の二つの作業は(1)池底の泥をシャベルですくってバケツで運んで人工的に作った浅場に積む、(2)池底の泥に埋まったゴミを掘り出して拾い集める、です。 

 (1)の目的は井の頭池は池のヘリからすとんと深くなっていて、浅いところがあんまりないので、水が入ると底まで十分日光が届かない。ので人工的に日光が届きやすい浅場を作ってそこに在来種水草が生えるよう、養分と埋まったまま眠った水草の種子を含んだ泥を浅場に積むという作業。

 これが普通に肉体労働で、ウチも含めて小1くらいの子供もたくさんいたんですが、普通に大人用のシャベルと鍬が配られ、どっちか使ってバケツに泥を入れてね、大人はバケツを運んでね、っていう作業。

 今回、次男は自分からめっちゃ行きたいって感じで来たんですが、三男は前の日の様子をオクサンから聞く限りたいして乗り気じゃなかったとのことだったので、これ大丈夫か嫌にならないかと思った…のは全くの杞憂。むしろでかいシャベルや鍬に一人前扱いされた感じがしたのか、次男に引けを取らない作業ぶり。二人がどんどんバケツに泥を入れてくれるので、おとうはせっせと運ぶ小一時間

 これ、周りのほとんどの子たちもおんなじで、やっぱりこういう水を抜いた池の底に降りるという非日常感のある中で、大人と一緒になって子供扱いされずに仕事するのはむしろテンション上がるというか鼻息荒くなるというか誇らしいんでしょうね。みんなまわりから「すげーな」「すごいね」って言われながら夢中で作業してました。

 ウチの班は先に(1)をやったあと、(2)の方へ。池の底を歩いてゴミの多いエリアに移動して泥の中からゴミ発掘。ホームページ等の告知にはザリガニもいるかもって書いてありますが、多分めったにいないです、とのアナウンスがあったものの、先にやった班がスマホと1円玉3枚見つけたとか聞かされて、やっぱりテンション上がるキッズ。

 我々の班の子供たちもやっぱりスマホやガラケーモデルガンを見つけてテンション上がってました。大人より子供の方が目の位置が低いし先入観なく見てるからかよくいろんなもの見つけますよね。ウチの三男も靴を発掘して得意になってました。

 それにしてもほんと空き瓶とか空き袋とかいっぱい捨ててありますね。前回は何と戦前のビール瓶が無傷で出て来たそうで、そこまで行くとむしろ文化財発掘感ありますが、まあ、なるべくやめてほしいっすね。

 

 あと、(2)の作業終わって(1)のエリアに戻る時、「ここは底なし沼化してるので危ないですよ」と言われてたとこにハマっちゃった女性がいて(全体にその注意が行き渡ってなかった)、ほんとにあっという間に腰くらいまで行っちゃったんですが、ちょうど僕が近くを通る時だったので、連れの人っぽい男性と一緒に引っ張り上げるくだりもあったりして、なかなか仕事した感がありました(笑)。

 

 作業終了後は、全員集まって池の中で記念撮影。希望者は後日運営団体さんにメールでお願いすれば写真がもらえるとのこと。ウチもメールしなきゃ。

 自分でも写真撮りたくて防水のコンデジは持ってってたんですが、そもそもゴム手袋がどろんどろんでポケットから取り出すこともできないし、そもそもわざわざ手袋外して写真撮ってるような余裕もなく(親子で来てる人たちは大体お父さんかお母さんが池に降りずに残って撮影係をしてました)。上がって足と手洗って、燃え尽きた子供たちをスマホで撮っておかあちゃんとおばあちゃんに送っただけでした(笑)。


 そんな感じで、なかなか貴重な体験ができました。次男も三男も疲れたけどとっても楽しかったとのことでした。興味のある人はぜひぜひ。でも多分時期が後になるほど希望者増えるので、日にち的にも、当日行く時間的にも、早めがいいかと。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hrhtm1970/20180204

2018-01-31

家族で庭で皆既月食 00:06 家族で庭で皆既月食を含むブックマーク

【2月1日の0時台にアップしています】


 直前まで曇り予報で夕方も薄曇りだったんですが、食が始まるころには星が見えるくらい晴れてました。

f:id:hrhtm1970:20180131205532j:image

f:id:hrhtm1970:20180131210146j:image

f:id:hrhtm1970:20180131212038j:image

f:id:hrhtm1970:20180131214914j:image


 平日だけど22時前に皆既食になるということで、次男三男に夜更かし許可、自分も部分食が始まる前に帰宅して家族で楽しみました(長男は塾だったんですが、帰り道にちょうど皆既食で、見てきました)。

 マンションの庭で見てたんですが、部分色が始まってから皆既食になるまでの間、いったん家に戻って、次男三男はポケモンカードゲームをしてたところ、ネコのぴっちがゲームを邪魔しに来て、あげく三男の手を激しくひっかいて、やってられないということでゲームはやめることに。

 それですっかり三男が機嫌が悪くなってしまい、間もなく皆既食というところで庭に出てもむすっとして空も見ないでべそかきながら突っ立ってるので、見ないの?カードできなくなったのが嫌だった?って聞いたら、泣きながらもう寝ると一人でお布団へ。

 うーん、このまま三男だけ泣いて寝るのはちょっとなあ(カードのことは言わない方がよかったなあ)と思ったので、お父さん楽しみにしてたんだから一緒に見ようよと、なだめたり促したりして、「赤くなったところ見たくない?」と聞いたところ、「ちょっと見たい…」。もう一度コート着て庭に戻って、しばらく見てたらだんだん機嫌も直って、寝るときにはニコニコしながらお布団に入れたので、ほんとによかったです。

 おばあちゃん(僕の母)にも知らせていたので、向こうは和歌山の実家で見ていて、次男とおばあちゃんがLINEで「東京もきれいに見えるよ」的なやり取りをちょいちょいしてたのもいい感じでした。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hrhtm1970/20180131