宮本大人のミヤモメモ このページをアンテナに追加

2016-05-28

ゆる休日 22:57 ゆる休日を含むブックマーク

 今日は長男の中学校の体育祭でしたが、中学ともなると家族でレジャーシート持って…みたいなこともなく、特にウチの長男にはいまや体育祭で輝く意志も可能性もないので(笑)本人も「別に来なくていーよー」と。でも次男がちょっと見たいって言うんで、朝のうち二人三脚の時だけ見に行って、そこそこ頑張ってるのを見届けて帰ってきて昼ご飯まで次男三男と人生ゲーム

 午後は次男は友達と遊びに行き、三男は体操教室。とうちゃんは体操教室について行って、進級テストで跳び箱13級になるのを見届けて、おやつにお団子を買って帰りました。

 あとはまあ、テラスに溜まってた段ボールを縛って捨てたりして過ごしました。

今日の寝る前の本 22:57 今日の寝る前の本を含むブックマーク

 今日は図書館で借りてきたこちら。

 最近やぎゅうげんいちろうにハマってて、今日は次男三男とも楽しくキャーキャーウケながら聞けました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hrhtm1970/20160528

2016-05-22

超おでかけ日和でしたが 23:03 超おでかけ日和でしたがを含むブックマーク

 ゆるゆる家で過ごしてしまいました。

 次男と将棋したり、次男が午後友達と遊びに行った後、三男と人生ゲームしたり、エアコンのフィルタ掃除したり。

 夕食は吉祥寺のセルフ串揚げ屋に行って、帰り道長男の自転車のチェーンが外れてしまったので、自分の自転車に長男乗らせて自分が吉祥寺に戻って閉店間際の自転車屋に直してもらいに行ったりするうち一日終わりました。

 このところ立て込んでたんですが、マンガ学会の大会プログラムの告知が出せて、昨日の西島大介さんとのトークイベントが終わって、ちょっと一段落したのでこういう休日もよかったかなと。次男は将棋したかったわけだし、三男は人生ゲームしたかったわけなので。

今日の寝る前の本 23:03 今日の寝る前の本を含むブックマーク

 今日はせっかく串揚げ屋に行ったんだしということで、おかあちゃんがこれ読みなよということで。

 が、三男はお風呂あがってから寝る前にもうひと遊びしたかったのに、夜遅くなってるからダメってなったので、「えほんよみたくなーい」とかいってて、次男がノリノリでセリフ部分を読んでても、ふざけてよけいなこと言ったり、ふとんから離れて行ったり、あんまりまともに聞いてくれませんでした。長男次男はおとうが絵本読む時は何はさておきちゃんと聞いて一緒に読んでくれてたので、三男だけですね、時々こういうことがあるのは。それだけ小さい時に読む機会が少なかったってことなんですよね…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hrhtm1970/20160522

2016-05-21

マンガと戦争展関連で西島大介さん、吉村和真さんとトークイベントやります 22:16 マンガと戦争展関連で西島大介さん、吉村和真さんとトークイベントやりますを含むブックマーク

【イベントの日付でアップしています】


 マンガと戦争展@明治大学米沢嘉博記念図書館

http://www.meiji.ac.jp/manga/yonezawa_lib/exh-war.html

 の関連トークイベント二つに出ます。

 館のホームページの更新が遅れているので、確定したタイトル、日程、内容紹介文をこちらに先行掲載します。どちらもかなり突っ込んだ議論ができそうで楽しみです。ぜひぜひ今からカレンダーに!というか吉村さんとのイベントはもうすぐだー!


 まずは今や京都精華大学副学長の吉村和真さんとのトークイベント。多分そんなに人来ないし(笑)、二人で好き放題話してどう転がっても面白くなるんじゃないかと思います。

トークイベント「僕たちの好きな「戦争マンガ」」

出演:吉村和真(京都精華大学マンガ学部教授)

  宮本大人(明治大学国際日本学部准教授

司会進行:ヤマダトモコ(当館スタッフ)

日時:2016年3月18日(金)18:00-19:30

料金:無料 ※会員登録料金(1日会員300円〜)が別途必要です。

内容:ほとんどの戦争マンガはまずはエンターテインメントとして成立することを前提に描かれています。暗く重い戦争の悲劇を描いた作品もそのような娯楽として消費されているわけです。そのことの意味を、単純に肯定したり否定したりしないで、多角的に見つめ直すというこの展示の趣旨に沿って、二人のマンガ史研究者が、戦争マンガが果たしてきた様々な役割について議論します。


 そして5月は西島大介さんとのトーク。マンガと戦争展はもともと京都国際マンガミュージアムで昨年夏に行われた展示の巡回展ですが、今回米沢嘉博記念図書館オリジナルの「+α」として西島さんの『ディエンビエンフー』を第4期で取り上げさせてもらいます。

 角川書店から0巻、小学館から1〜11巻が刊行されてます。未読の方はぜひ!

ディエンビエンフー 1 (IKKI COMICS)

ディエンビエンフー 1 (IKKI COMICS)

ディエンビエンフー 11 (IKKI COMIX)

ディエンビエンフー 11 (IKKI COMIX)

 西島さんとは先日打ち合わせをさせてもらいました。展示にもこちらのトークにも力入れて準備して下さってるので、かなり踏み込んだお話ができると思います。西島ファンのみなさん、詰めかけてください!

トークイベント「『ディエンビエンフー』:本当の戦争マンガの話をしよう」

出演:西島大介(マンガ家)

聞き手:宮本大人(明治大学国際日本学部准教授)

日時:2016年5月21日(土)16:00-17:30

料金:無料 ※会員登録料金(1日会員300円〜)が別途必要です。

内容:ベトナム戦争を題材とした『ディエンビエンフー』。デフォルメされたかわいい絵柄で残酷な戦場の現実を描く。史実の枠組みの中で、荒唐無稽な格闘アクションが展開する。様々なギャップや矛盾を抱え込んだカオス的な面白さを持つ「戦争マンガ」はどのようにして生まれたのか。そもそも戦争マンガとは何なのか。マンガで戦争の「リアル」は描けるのか。掲載誌を失った『ディエンビエンフー』の連載はどうなるのか。戦前・戦中の戦争マンガも参照しつつ、マンガ史研究者の宮本大人氏が西島大介氏にお聞きします。


 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hrhtm1970/20160521

2016-05-15

府中郷土の森、おすすめです。 23:50 府中郷土の森、おすすめです。を含むブックマーク

 今日の東京は一日曇りで気温も低く…なる予報でしたが、日中はずっと日が差し、気温も予報より上がって、昨日よりは涼しい、みたいな絶好のお出かけ日和に恵まれました。

 というわけで、東京に遊びに来ていたおばあちゃん(おかあちゃんのおかあちゃん)の車で(もちろん運転はおとうちゃんがしましたが)府中郷土の森博物館へ。博物館といいつつ、広大な敷地の中に昔の建物を再現したり移築したりしてる「フィールドミュージアム」ということで、(実はまだ行ったことない】江戸東京たてもの園とくっついてる小金井公園に近いのかなと。


http://www.fuchu-cpf.or.jp/museum/


 昨日すでに一回おばあちゃんと行って、めっちゃ楽しくて遊び足りないという感じだったとのことでもう一度行ったのでした。

 博物館のすぐ隣にもゴーカートに乗れる交通公園や広い芝生のある公園もあって、競馬場東芝サントリーのある府中市の税収の豊かさをうかがうことができました(笑)。

 今日はまずゴーカートに乗って、芝生で行きがけに寄ったパン屋さんのパンを食べて、郷土の森博物館の水遊びが盛大にできるでっかい池に行って存分に遊んで、そのあと池の前の芝生広場でサッカーボール蹴ってフリスビーして帰ってきました。

f:id:hrhtm1970:20160515141401j:image


 広いでしょ?でもそんなゲロ混みでもないんですよ。


f:id:hrhtm1970:20160515141151j:image


 東京都です。


f:id:hrhtm1970:20160515140212j:image


 滝行してます。小4男子です。あ、ちなみに中2男子はおじいちゃんとお留守番してました。


 晩御飯は近所の回転寿司。帰ってから長男の、部屋がロフトっぽく使える背の高いベッドを(長男はこういうの絶望的に苦手なので)次男と組み立てました。典型的郊外市民の休日でした。

 

今日の寝る前の本 23:50 今日の寝る前の本を含むブックマーク

 三男がこちらをリクエスト。

100かいだてのいえ

100かいだてのいえ

 1見開きで10階ずつ進むわけですが、その見開きの原文を読んだ後、三男が、1フロアずつ、指でたどりながら、原文にはない、主人公の男の子と部屋の住人たちが交わしたであろう会話を展開しながら階段を昇っていくんですが、次男もめっちゃ入ってきてお互いめいめいセリフを言うので、ゆずり合うよう促したり(笑)。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hrhtm1970/20160515

2016-05-08

母の日と今日の寝る前の本 23:36 母の日と今日の寝る前の本を含むブックマーク

f:id:hrhtm1970:20160508232427j:image

 今日は母の日でした。母と義母には例年通り孫の写真入りカードを贈りました。

 うちの子たちは以前から次男の幼稚園の同級生男子で集まって遊びに行くことがママ友の段取りの上で決まっていたので、井の頭文化園に行き、おとうちゃんは「萩尾望都SF原画展」を見に行ったり大学で仕事したりしました。

 おかあちゃん的にはおかあちゃん同士で子供の成長を確かめ合う機会になって母の日としてはよいイベントだったようです。 

 長男と次男はカードを書き(三男はいろいろ促したんですがごにゃごにゃ言って書かず)、僕からは今日がお出かけということだったので昨日届くようにお花を頼んでおき、今日の夜は夕食後の時間に帰宅して、先日人から聞いてこれは行かねばと思っていたエーグル・ドゥースというお店のケーキを買ってきました。

 おかあちゃんはまだおなかがすいてなかったので、おとうちゃんとあとで食べることにして、子供たちに少しずつ分けて食べさせました。というわけで僕とオクサンはまだ名店の誉れ高いケーキのお味は確かめておりませんが、まあ、見た目からもおいしいに決まってる感があります。この後いただきます。


 で、今日の寝る前の本はこちらを2見開き。

なぞなぞのたび (リドルブックシリーズ)

なぞなぞのたび (リドルブックシリーズ)

 とにかく全ての答えを暗記したい模様。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hrhtm1970/20160508