Hatena::ブログ(Diary)

深夜アニメ実況の果て


ブログ移行作業についてのお知らせ(2019/01/06)

2019-01-13

ブログ移行作業完了のお知らせ

| 19:27 |


先日お知らせしました通り現在利用中の「はてなダイアリー」から

はてなブログ」への移行作業を本日1月13日に実施しました。

今後の更新は「はてなブログ」で行われます。

作業実施日: 2019年1月13日(日曜日)

作業時間: 約4時間半


運営元の「はてな」の発表スケジュールによりますと

「はてなダイアリー」にて記事の更新が可能なのは1月28日まで。

2月28日に全機能が停止、その後しばらくは閲覧可能とされています。


・全ての記事を「はてなブログ」へ移行しました。

・「はてなダイアリー」から「はてなブログ」へのリダイレクトは現時点では設定していません。

・一部デザインが崩れている場合があります。

・全体的なブログデザインは引き続き調整中です。

新ブログ(はてなブログ)

http://animemint.hatenablog.com/

・旧ブログ(はてなダイアリー)

http://d.hatena.ne.jp/kanro-neko/





2007年から利用してきた「はてなダイアリー」版「深夜アニメ実況の果て」を

これまで閲覧していただきありがとうございました。

引き続き「はてなブログ」版「深夜アニメ実況の果て」をよろしくお願いします。



・はてなダイアリー版「深夜アニメ実況の果て」について

開始時期:2007年7月

移行時期:2019年1月

記事を書いた日数:3647日(3016日継続更新、2019年1月12日現在)


2019.1.13

2019-01-12

ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士 07話「雨と追憶のブルターニュ」

| 21:23 |

前回確実に普通の人間なら終了間違いなしの心臓アタックを食らったのに

動かなくてもまだ無事とは賢者の石効果が強すぎる。

逆に言うと頭や賢者の石そのものが狙われたら

その場合は即終了ということなのでしょうか…

3分の時間制限も合わせて

敵がユリスについての知識があれば非常に危険な弱点では。

そんな危険な状態のジャンヌ救うために

兵を2000ほど手に入れるためにモンモランシが1人で行動するわけですが

問題はここからです。

地元に帰り、幼少期に従妹として迎えたカトリーヌとの再会。

兵を使わせてもらう条件として提示されたのが

そのカトリーヌとの結婚。

近親婚はこの世界でもハードルは高いものの不可能では無い。

ジャンヌの事もあって了承が難しいのは分かるけど

そのままカトリーヌを残して行ってしまうのは少し可哀想なのでは…

幼少期に自分を従妹として救い出してくれたモンモランシをずっと想っていたのに

あっさりと見捨てられるように再び置いていかれてしまうカトリーヌ。

泣きますよ、これは。

これで終わりなんて事無いですよね。

無事にジャンヌを救えたら、カトリーヌも救ってあげて。

2019-01-11

RELEASE THE SPYCE 07話「初芽より愛をこめて」

| 04:08 |

初芽さん、そして五恵ちゃん回。

弟子でありながら表情の変化が乏しく

何かあるんじゃないかとは思っていましたが

まさか雪師匠が敵わないくらい戦闘力が高いなんて。

ドルテ襲撃時にランクの話をした際に

横綱ランクじゃないのが不思議だったのですが

そういう事だったんですね。

そんな五恵ちゃんは初芽さんだからこそ友達になれたし

ある意味手懐けることが出来たのでしょう。

テレジアの狙いを理解し瞬時に最適な対処をして

その場を脱出し、五恵ちゃんの元へ向かう判断力

やっぱり一番敵に回すと恐ろしいのは初芽さんかも。

D

2019-01-10

SSSS.GRIDMAN 07話「策・略」

| 01:14 |

互いの正体を知ってからの初めてのコンタクト


いきなりアカネちゃんの正体について

本人に直接確認してしまうのも危ないけど

アカネちゃんがその場で直接潰そうとして来なかったから良かったものの

周りに護衛が居ない状態で直接対話リスク高すぎる。

アレクシスもアカネちゃんの行動が信用できなくなったと判断し始めているのか

アカネちゃんの意思ではない怪獣を出現させたりアンチを動かしたりし始めて

いよいよアカネちゃんだけをどうにかすれば解決するような簡単なものでは無くなってきました。

そしてアカネちゃんの正面への自然な蹴り、

あの華麗な一撃を防ぐのも簡単なものでは無いです!

人の部屋に勝手に入って人のベッドで

人の匂いを感じるアカネちゃん、手強いです。

2019-01-09

となりの吸血鬼さん 07話「吸血鬼とすごす夏休み」

| 00:10 |

夏休みに入り、灯ちゃんはずっとソフィーちゃんと遊べると

張り切って色々イベントいっぱいの第7話。

まずは海!

眩しい日差し、肌を撫でる潮風、波の音!

アニメでは必須の水着回、ではありますが

吸血鬼にとっては苦手な事ばかりに囲まれる地獄のような環境。

しかし灯ちゃんの作戦によって

日差しが苦手なソフィーちゃんでは見られないと思われていた水着姿を披露

ちゃんとカラーは黒色の水着です!

それにしても灯ちゃんもひなたも水着姿がよく似合います。

フリルが可愛い灯ちゃん、スポーティーなひなたも良いものです。


続いて花火大会

これなら夜なのでソフィーちゃんも安心して楽しめます。

せっかくなら全力で楽しもうと

ソフィーちゃんの浴衣までミシンを駆使して用意してしまう灯ちゃん。

さすが人形が好きなだけあって裁縫スキルも高い。

吸血鬼なので同じ食べ物を買って楽しむことは出来ないけど

一緒に並んで花火を見上げる、これぞ夏休み。


色んなイベントに参加して楽しむのも良いけど

2人でゆっくり公園で過ごすのも楽しそう。

Cパートでソフィーちゃんがひまわりの種の数を

全て並べて数え始めたときは大丈夫かと心配になりましたが

最後は灯ちゃんとソフィーちゃんの仲が深まるいい話でした。

2019-01-08

色づく世界の明日から 07話「ヴィーナスの重荷」

| 00:52 |

夏休みに入ってもみんな同じ部活なので

変わらず学校にも行きます。

この作品は3年生が多いので胡桃の受験と将来に悩むシーンと共に

写真美術部の次期部長としてあさぎちゃんを氏名。

新しい部長としての練習も兼ねて合宿に行くわけですが

それぞれの関係性がはっきりとしていくと同時に

瞳美ちゃんも前向きになってきて部員のみんなを信頼出来て

ついにこれまで秘密にしてきた他のみんなにも「色」の事を打ち明けそう。

「色」の事を打ち明けることで

問題の解決に大きく近づけるのか、それとも新たな問題が発生するのか。

それよりも今週のあさぎちゃんの私服の胸元に輝く

うさぎのアクセサリーが可愛い。

2019-01-07

寄宿学校のジュリエット 07話「露壬雄とジュリエットと体育祭」

| 03:02 |

露壬雄とジュリエットが寮にまで来てイチャイチャしているような状況でも

純粋に熱で倒れた露壬雄のために

一生懸命に看病する蓮季の姿を見ていると寂しさがあります…

いくら新たなヒロインが登場しても

思わせぶりな態度をされても結局誰にも勝つチャンスも無いこの作品。

今週はようやくオープニングやエンディングには初めから登場していた

胡蝶と手李亞が登場しました。

まだ露壬雄とは接触していませんが

これまでの登場キャラとはまた違う双子の監督生の2人に

次からどんな活躍をしてくれるのか期待しております。

ちなみに2人とも14歳だそうです。

2019-01-06

ブログ移行作業についてのお知らせ

| 23:03 |

現在、当ブログにて利用している「はてなダイアリー」において

2019年1月28日に「記事更新の停止」、2月28日に「全機能の停止」が告知されているため

事実上の後継サービスであるはてなブログ」への移行作業を行います。

移行作業の予定や影響については次のとおりです。


実施時期: 2019年1月12日(土曜日)以降。

作業時間: 約2時間半を予定。

作業内容: すべての記事を新ブログへ移行。(旧ブログにも記事は残ります)

移行に伴う影響:

URLが変更になります。

・過去記事を中心に一部デザインが崩れる場合があります。

・記事中から別の記事へのリンクが3月以降リンク切れになる場合があります。

・現時点で旧ブログからリダイレクトは行わない予定のため、ブックマーク等の変更が必要になります。

その他、調整に時間がかかる場合があります。


はてなからの詳細は以下のリンク先で、

はてなブログへの統合スケジュールのお知らせ - はてなダイアリー日記

2019-01-05

やがて君になる 07話「秘密のたくさん/種火」

| 02:12 |

沙弥香の過去話から。

沙弥香が燈子と出会ってどう心境が変わって

どんな気持ちでここまで来たのか。

その気持ちを押し込めていたときに

燈子と侑を見て少しずつ思いつめていく中で、

ここまで耐えていた沙弥香が行動に移るのかどうかの分岐点。

箱崎先生と喫茶店の児玉都さんの関係性をひと目で見抜き

別の日にすぐに確認をする事によって

児玉都さんとの出会いとアドバイスによって沙弥香は一旦は落ち着いたようです。

もしこの出会いが無ければ、確認をしてこれとは違う会話になっていたら

沙弥香は耐えきれずに何かしらの行動に出ていたかもしれない。

ただ、燈子は燈子でどういうキャラクターを自分が演じていれば

沙弥香は決してそれ以上は踏み込んでこないと確信して行動をして

少しずつ、少しずつ、どこまで許されるのか確認しながら侑との距離を詰めていく…

侑もそんな気は無かったはずなのに

そんな先輩が可愛いと思ったり

少しずつ詰めてくる燈子先輩の行動を無意識に受け入れつつあって

どこまで行ってしまうのか誰にもわからない。

沙弥香は踏み込んでこない。

燈子は踏み込まないし誰のものにもならない。

この一線が壊れてしまった時は

どうなってしまうのか微妙なバランスの現状が怖くて、面白い。

2019-01-04

俺が好きなのは妹だけど妹じゃない 06話「俺と妹の白桜女学院文化祭」

| 04:28 |

サブタイは文化祭回だけど

どうみてもメインは夏の祭典でした。

キャラクターとしてはダブルピース先生回でしょうか。

兄妹モノを馬鹿にされたとしても

涼花があそこまで熱くて勝負を受けて立つなんて。

この突発的な勢いこそ涼花の魅力。

Bパートではようやく学園祭

意外と今まで出てきていなかった涼花の女子校が登場しますが

涼花さんは普段兄についてどんな話をしているのでしょうか…

急遽舞台の代役としてステージに上がっても

当然のように脚本は兄妹モノ

しかもしっかりと演じ切って

この兄妹、2人揃って実は本番に強いです。

2019-01-03

ソラとウミのアイダ 07話「リーダーは、わたし!」

| 00:55 |

まきまき回。

メインメンバーの中では落ち着いているタイプなので

少し地味なキャラにも見えますが

だからこそリーダーとしては他より安心感があります。

賑やか系の花とルビーと組み合わせると

なかなかバランスの良い3人チームになっていたのでは。

久しぶりに宇宙に上がって

花の守護神もやっとレアそうな子が出てくれて

今回はギリギリでなんとかなりましたが

宇宙漁業ちょっと危なすぎますよ、やっぱり・・・

2019-01-02

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない 07話「青春はパラドックス」

| 21:25 |

前回のラストで翔子ちゃんが登場しましたが

次の思春期症候群は双葉です。

今度は2人に分裂するという今回もまた厄介な現象

片方の双葉は原因に心当たりは無いというが

片方の双葉は原因に心当たりがあるらしい。

片方の双葉はいつもと大きく変わらないけど

学校に来ている片方の双葉は同じようで少しだけ行動が大胆になっていて

2人の双葉には明らかな違いがあるようです。

このあたりに今回の原因のヒントがありそう。

どちらかが偽物ではなく

どうやらどちらも本物の双葉。

となると建前と本音のような分裂をしたのでしょうか。

そうだとしても裏垢が早くも他の生徒にバレているのは非常にまずい。

早急に対応しないと双葉自身が取り返しのつかない状況になりかねないです。


それにしても自宅に妹のかえでちゃんが居るにも関わらず

麻衣先輩に加えて双葉、さらには毎朝翔子ちゃんが来るなんて

ちょっとうらやま…女の子ばかり集めすぎじゃないでしょうか!もっとやれ!

2019-01-01

2019年

| 00:28 |

あけましておめでとうございます。

2019年もよろしくおねがいします。

2018-12-31

2018年もありがとうございました。

| 23:01 |

2018年も1年間ありがとうございました。


2018.12.31