スマートフォン用の表示で見る

くまのプーさん

アニメ

くまのプーさん

くまのぷーさん

アラン・アレクサンダー・ミルン(Alan Alexander Milne)による児童小説、およびそれを元にしたディズニーアニメ作品。または同作に登場する擬人化されたクマのぬいぐるみキャラクターの名前。原作小説についての詳細は「Winnie-the-Pooh」を参照。

一般的にはディズニーによるアニメシリーズとして有名。厳密には、原作小説の日本語タイトルは「クマのプーさん」表記、ディズニーアニメ作品の日本語タイトルは「くまのプーさん」表記。本作に登場するプーは、ミルンの息子であるクリストファー・ロビン・ミルンが持っていたテディベアをモデルとして生まれたキャラクターである。

くまのプーさんの他に、トラのティガー、うさぎラビット、ろばのイーヨー、子豚のピグレットカンガルーの親子(母親がカンガで、子供がルー)などが登場する。

誤解1:「プーさんは女の子」説

「プーさんは実は女の子である」という説があるが、これは誤りである。こうした誤解がしばしば起きるのは、原著のタイトルでありプーさんの本名でもある「Winnie-the-Pooh」の「Winnie(ウィニー)」が女性名であることに起因する。原著ではプーさんは男の子として扱われている。

誤解2:「プーさんの本名はサンダース」説

「プーさんの本名はサンダースである」という説があるが、これは誤りである。原著では以下のような文章が登場するため、本名がサンダースであると誤解されやすい。

Winnie-the-Pooh lived in a forest all by himself under the name of Sanders.

実際には「プーはサンダースの名の下で暮らしていた」というニュアンスであり、挿し絵を見れば「Mr.SANDERS」の表札の下で暮らしていることで分かる通り、これは以前サンダースという人が使っていた家にプーさんが住んでいる、つまり「サンダースという表札の家で暮らしていた」という意味合いであろうと考えられている。日本語訳の際に「本当の名まえは、サンダースといいますが」と訳されてしまったため、誤解が広まった。