じゃんけん

ゲーム

じゃんけん

じゃんけん

3すくみの関係にある3手を用いて勝敗を決めるゲーム。

日本で「じゃんけん」という場合、グー、チョキ、パー、の3すくみを使うものを指す。

グー、チョキ、パーの3つの手と互いの関係

グーはチョキに、チョキはパーに、パーはグーに勝つ。

この3すくみの関係は、一般にグーを石、チョキを鋏、パーを紙に模したものとして説明される。

  • グーはチョキに勝つ=石は鋏で切ることができない
  • チョキはパーに勝つ=鋏で紙を切ることができる
  • パーはグーに勝つ=石を紙で包むことができる

グー、チョキ、パーの作り方

グー、チョキ、パーの3つの手は、いずれも基本的に人間の手を使って作る。右手と左手、どちらを使うかは自由である。

  • グーはすべての指を折り曲げ、握り拳を作った状態。
  • チョキは指を2本伸ばした状態。2本の指の組み合わせとしては、人差し指と中指が最も多い。次に一般的なチョキは、親指と人差し指で作る。チョキを作る指として、この2種類以外の組み合わせを見ることはほとんどない。
  • パーはすべての指をまっすぐに伸ばす。

グー、チョキ、パーを使わないじゃんけん

きつねけん
狐、庄屋、猟師の3手を使う。狐は庄屋を化かすことができるので勝つ。庄屋は猟師より偉いので勝つ。猟師は狐を撃つので勝つ。

海外にも、これら以外の3手によるじゃんけんがある。

じゃんけんの進行方法

じゃんけんの参加者は、3種の手からひとつを選び、場に提示する。その際、手を出すタイミングを揃えるためにかけ声がかけられる。

じゃんけんのかけ声は「じゃんけんぽん」もしくは「じゃんけんぽい」が一般的。地方によってじゃんけんの掛け声はさまざまあり、例えば広島では「じっけった」、愛知では「いんちゃんし」などと言ったりする。

「じゃんけんぽん」の前に、「最初はグー」とつけることもある。

全員が同じ手を出した場合、あるいは3つの手が場にすべて出された場合は「あいこ」となり、勝負はやり直しとなる。再勝負の際には「あいこでしょ」とかけ声を出してタイミングを整える。

原理的にはランダムに勝負が決まるはずだが、心理的な影響のためにじゃんけんに強い人と弱い人が存在するのも事実である。

また、手を出すタイミングを意図的にずらし、他人がどの手を出すか知ってから自分の手を出すことを「後出し」という。じゃんけんにおける後出しはルール違反であり勝負は無効、再勝負となる。

このことから、議論がある程度進んでから、議論そのものの前提を変えるような情報を出すことを「後出しじゃんけん」と呼ぶ。

じゃんけんのおまじない

どの手を出せば勝つかは、基本的にはランダムである。それでも、できる限り勝率を高めるために、どの手を出すかを決める方法がいくつかある。

  • 手の甲にもう一方の手の指でしわを作り、その数で出す手を決める
  • 両手の親指が下になるよう、腕をひねった状態で手を組む。次にいったんひじを曲げ、両手の小指が自分の口元にくるようにし、さらに再度ひじを伸ばして、小指の側から手のひらが見えるようにする。両手で作った空間をのぞき込むと、両手の親指と人差し指によって星形の穴が作られる。この穴が持つ突起の数をもとに、出す手を決める

じゃんけんゲーム

じゃんけんゲームの本質は、人の心の動きを相互に予測し合うゲームであるというところにある。

この点で、単にサイコロなどのランダム発生器を用いて勝敗を決める"偶然ゲーム"とは異なる。

しかるに、じゃんけんゲームにおいても、プレーヤのうち誰かが完全ランダム戦略を用いると、偶然ゲームと全く同じ勝敗結果になってしまう。

そこで、じゃんけん的なるモノを、偶然ゲームから区別する実質的な基準を考えるべきであるが、プレーヤー間に次のような共通認識が成立しているかどうかという基準で判断できる。

  •  実際のじゃんけんは厳密な意味でのゼロサムゲームではない。
  •  人の心の動きは、他の人から観ても、遅かれ早かれ(限られた時間でも多かれ少なかれ)理解可能である。
  •  人の心の動きを予測するための情報は、実際に収集可能である。
  •  人は、他の人の心の動きを理解し予測することに、喜びを覚える。
  •  人は、他の人から自分の心の動きを予測されることに、驚きを覚える。
  •  じゃんけんの技術には、人によって上手下手がある。

以上をまとめれば、「みんなでじゃんけんすることは楽しい」という共通認識を言う。

かかる共通認識が成立している場合、プレーヤが完全ランダム戦略を用いようとする動機は効果的に低減されることになる。