スマートフォン用の表示で見る

ひつまぶし

ひつまぶし

ひつまぶし

:和食

明治6年創業の「あつた蓬莱軒」の高級うなぎ料理。

食べ方にはぜんぶで3つの作法がある。

おひつに、短冊状になったうなぎが乗ったごはんが入っており、

まず十字にしゃもじで切る。

以下の作法で一部分ずつお茶碗にとって食べる

  1. 普通に食べる
  2. やくみを入れて食べる
  3. だし汁(お茶・煎茶)を入れて食べる

最後の部分は、一番好きな方法で。

ちなみに「ひつまぶし」は、あつた蓬莱軒の登録商標である。

なお、「ひまつぶし」とは根本的に異なった概念である。